業務日誌:161012 




2:30 起床。ヨーグルトを食べる。身支度自体は15分もあればできるのだけれど、ちゃんと覚醒するにはそれなりの時間が欲しいところ。


4:00 宿をチェックアウト。セイコマに寄ってから現場へ。


調査開始。まだ暗い中、荒野を走らせていたら小木菟が2ついました。ラッキー。


薄明るくなる頃から猛烈な勢いでイキモノたちが動き始めて慌ただしくなりました。ただ、ワタクシの地点はちょっと離れているので、もっぱら一人静かに身の回りの小鳥ちゃんたちと遊んでいるような感じでした。でもすごいウェーブだったなあ。あれは鳥好きでなくとも感動するよな。


感動と言えば、ガンとか白鳥達の渡りを見ていると、特に白鳥だけど、あの群れの動きはまさに「龍」そのものだよね。明け方とか夕暮れに波打ちながら飛んでゆく姿を観るとなんか本当に引き込まれる。白鳥ならぬ、白龍。そんな名前の便所の紙があったような気もするけどまあいいや。


昼過ぎまでコツコツと身の回りの出来事を記録して、調査終了。一度集合。


ミーティング後、解散。お疲れ様でした。


いつもならS兄夫妻とヒルメシを食ってから帰るところなんだけど、本日は現場のハシゴで先を急ぐので、コンビニ弁当でサクッと済ませて移動を開始しました。


途中、P社O氏より電話あり。来月の現場2件分の打診を頂きました。まだ本決まりでなくて調整が必要のようですが、よろしくお願い致します。ありがとうございます、ありがとうございます。頑張ります。


途中、網走の蔵の麺にてバンメシ。ワタクシはなんとか蕎麦にしました。納豆やトロロやオクラが入ったネバネバ系の温かい蕎麦です。ネバ王のワタクシにはぴったり。まいうでした。


19:30 自宅到着。でも今日は帰着ではないのです。不要なものを車から下ろし、必要なものを積んでから、またあらためて出発。ふー。


峠道を越えました。気温は3~1℃。まだ凍ってはいませんでしたが、早朝はヤバそう。それを見越しての「今日中に現地へ入っておこう」だったわけですが、まさに正解でした。


22:00 無事に峠を降り、温泉宿に到着。ああさすがに疲れた。ツマ殿も軽自動車でよく頑張った。


さあぐっすり寝て明日また頑張ろう。


お疲れ様でした。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/12 23:59 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)