業務日誌:160615 


↑今回の現場は基本的に車から離れることはないので大丈夫とは思っていたけれど、仲間のSさんによると以前ワタクシが入る辺りにたちの悪いヤツがいたとのことなので、一応用心のために常に腰からぶら下げておりました。秋田の事件も悲惨で痛ましいけれど、ヒグマはツキノワの比じゃないからね。。。



4:30 起床。素晴らしい寝心地のベッドでした。素晴らしすぎてちょっと腰が痛い。


5:30 入浴可能時間のスタートに合わせてアサブロ。真っ黒いモール温泉で温まる。サウナも入ることができて満足。


6:20 宿をチェックアウト。ステキな宿でした。また来たいなあ。


コンビニに寄ってから現場へ。


7:30 現場にてミーティング後、散開。昨日はD社Y氏でしたが、今日はS氏。ちょっと疲れているみたいだけれど、まあ元気そうで何より。


8:00 調査開始。今日は雲が多めながら時折日が射してまずまず。朝からいっぱい出る。


シメちゃんたちは今日もお元気で、今度はハリギリやイタヤカエデの木に来て、葉についている虫を食べているようだった。確認できたのは、メスが小さめのガの成虫を捕まえて枝に叩きつけて翅を落としてから胴体部分を食べているところ。この間のヤナギの新芽も、もしかしたら虫が付いているのを丸ごと食ったりしていたのかも。


午後にはなかなか良いデータが取れて一安心。でも最後まで追いきれなかったのは残念。ド本命も出なかったのも残念。でも出ないのはむしろいい感じか。


16:00 調査終了。集合してミーティング。 


16:30 解散後、しばらくD社S氏と話し込んで時間が過ぎる。


現場は山奥で圏外なので、下界に降りると一気に着信アリのCメールやらGmailやらe-mailやらがピコピコ届きまくる。ちょこっとその対応。


帰路に就く。すぐ近くで売っていた「奇跡的に美味しくできたトマト」を買う。


途中の大型ショッピングモール内のファミレスにてバンメシ。一日分の野菜がとれる塩タン麺で、糖質ゼロ麺にもできるとあったので注文してみる。なんというか、見た目は細いラーメンだけど、食感は白滝。ワタクシ嫌いじゃないです。


腹を満たしたところであらためて帰路に就く。予定では高速でスイスイ行く筈が、途中で通行止めに…。


ひたすら下道を走ることになりました。辛すぎる。


途中、あまりに疲れたので層雲峡のセブンで休憩しつつ、もう家に帰るのは諦めてどこかに泊まろうかといろいろ調べたりし、まあでもなんとか頑張って帰るかということでさあ行こうと車を動かしたら、隣の車から人が降りてきてこちらに手を挙げて止めようとしました。え?!クルマ擦ったりしちゃったか?とヒヤヒヤしましたが、よく見たらケツパブラキストニのTさんでびっくり。まったく気づかなかったなあ。周りに気を配る余裕がもはやなかったのですなあ。


Tさんとしばし歓談のあと、では…とあらためてゴー。


24:10 と言うことで、ようやく無事に帰着しました。ワタクシはまだ良いのですが、ツマ殿も小さい車でよく頑張った。


本来ならすぐにでも写真整理などをしたいところですが、もうさすがに死ぬので明日にします。でも明日も現場なので明日の夕方以降にします。メール対応等も多分そうなりますが、ご了承下さい。急ぎの場合はお電話下さい。明日はずっと電波の届くところにおりますので大丈夫です。


無線充電してシャワー浴びて死んだように眠ろう。腹が減ったけどガマンガマン。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/16 00:55 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)