業務日誌:160605 




本日は網走のはぜや珈琲さんとの初めてのコラボ企画、その名も「野鳥と珈琲」の日でした。数ヶ月前から日程を決めて、何度か打ち合わせさせて頂き、ついにこの日を迎えました。


ここ数日寒々しい日々が続いていたようですが、太陽神のワタクシが帰ってきたからもう大丈夫。ほら晴れた。


という感じで9時からスタートしました。


まずは、はぜやさんの店内で、作った資料を基に簡単なレクチャー。鳥はどんなところにいるのか、そして見つけたらどんなところを見れば良いのか。また、カラスやカラやスズメなど、それぞれよく似た種類同士の識別ポイントについてご説明しました。


30分ほどレクチャーさせて頂いたところで、では実際にレッツゴーです。


まずはお店の前でカワラヒワ。そして林の中ではキビタキが。ほかにもいろいろ鳴いてはいたのですが、さすがに展葉が進んで見つけるのが難しく、目にできた種類は多くはありませんでした。でも逆にそれが良かったかも。説明通りに木の幹を下向きに降りるゴジュウカラや、ほんとにすぐ目の前に止まってくれたキビタキなど、みんな肉眼で観察できる幸運にも恵まれて、種類が少なかった分、とても印象が強く残ったと思います。


また、オオセグロたちが草を咥えて網走港へと飛んでいく姿や、そんな草を積み上げて作った巣で今まさに抱卵しているという姿をスコープで観察したところ、とても感動されていました。我々にとっては普通だけれど、やっぱり生き物の巣作りの様子とか、繁殖活動って普段はそんなに見られない光景かもね。少なくとも一般の方は意識していないので、当たり前と思っていてもしっかりお見せしてきちんと解説をするという大切さを改めて実感できました。


公園内で休憩し、はぜやさんの美味しい珈琲と奥さん手作りのクッキーを頂き、みんな「しあわせー」の連呼でした。素晴らしい空間と時間をみんなで共有している感がとても感動的でした。素晴らしかったなあ。


「またやりたいですね」との声をたくさん頂き、大役を果たせてホッとしました。ああよかった。ワタクシもまたいろいろと勉強させて頂きました。


以前のヒュッテさんでやらせていただいた観察会も素晴らしかったですが、やっぱりカフェコラボ観察会はいいですよね。ガツガツした鳥見も面白いですが、ほんわかとした鳥見も新鮮で良いです。ぜひまたやらせていただきたいなあと思います。参加されたみなさま、はぜやさんのみなさま、どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 20:03 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)