業務日誌:160526 




3:15 起床。あまり寝た気がしませんが、まあそれなりに寝たような気もします。
初めての宿の初めての夜は脳味噌が微妙に緊張しているらしく、あまり深くは眠れないことが多いのです。寝つきは良い方なのでまだ幸せ者だと思いますが。不眠症とか、そこまででなくても寝つきが悪い人とかは大変だろうなとホントに同情します。


支度をしつつ、バナナと飲むヨーグルトとメガシャキ。あんまり良くないとは思うんだけど、もうカフェイン中毒なのです。探鳥会の前とかはだいたいメガシャキをカラダに入れて、シャキッとテンション上げて行くことが多いです。珈琲だとしょんべんしたくなっちゃうからね。メガシャキはワタクシにとっての覚醒剤。


4:20 宿を出発。当然ながら外はすっかり明るい。薄曇りで風は弱く、12-15℃。いつも使っている高速道路が通行止めになっていたので、ちょっと早めに出て下道を行く。


4:45 現着。自動的に調査開始。我々ハシゴ組はミーティングを回避して直接現場へ入ることで休む時間を少し多めに取れるように配慮していただきました。ありがとうございます。


現場にてC社A氏と合流して資料等を受け取り、簡単なミーティング。


早朝は動いている気配が濃厚でずっとドキドキしてる状態でしたが、具体的な情報は得られないまま時は流れ………。


13:00 調査終了。まだ明日があります。また仕切り直しをして、明日頑張ります。しかし、難しいなあ…。結果が出せない自分が情けないよ。


一度集合してから解散。


時間がたっぷりあるので、気分転換に珍しく散髪に行きました。ずっと自分でバリカンで刈ってたので、なんとなんと実に約20年ぶりですな。多分、旅をしていた頃に飛島の床屋さんで丸坊主にして以来かなあ。なんだか最近自分でうまく刈れなくなってきたので、たまには行ってみようかなと。


せっかくなので昔ながらの床屋さんに行って顔剃りまで全部込みのフルコースを体験しよう!と、Webで探して行ってみました。住宅街の中に佇む、普通の床屋さんです。Web上にいろいろ詳しく説明が書かれていたので、ここなら信頼が置ける、と。


「どうしますか?」と聞かれて、「えと、上だけちょっと長めの坊主で」と答えて、いろいろやりとりした結果、ワタクシ的髪型は「フェード坊主」とか言うらしいです。なるほど、さすがに20年ぶりの床屋さんは勉強になるなあ。俺はフェード坊主。ナウいぜ。


で、素晴らしく優しく丁寧な仕事に身を委ねること約1時間半。顔を剃って眉毛やヒゲを整えて、耳掃除や肩もみもしてくれて、ワタクシはもう幸せでした。最高の気分転換。これで3300円とは安いもんだよ。ありがたし。


と言うことでホテルに戻り、メール対応などのあと、外へバンメシへ。ちょっと飲み屋街から離れているので周りにはあんまり食べ物屋さんがないんだけど、一件見つけた焼鳥屋さんへレッツゴー。


見た目は結構怪しいけれど、当たりでした。うまい。塩加減も焼き加減も素晴らしい。北見では珍しくモツ串があるし、親鳥の半身もあって最高。皆さん若鶏ばかり食ってるけど、本当にうまいのは親鳥だからね。堅いけどね。


ガツガツ食っているところにD社D氏からの電話。来週のがポシャったとのこと。でも代わりに別の現場を回しますとのこと。しかしそれがかなり遠方。もう少しで新幹線に乗れる感じだからね。検討の結果、さすがに疲労が蓄積しているツマ殿はやめておこうとなり、ワタクシ独りで行くことにしました。大阪から飛んで帰ったその足で移動だな。いっそのことパコダテ空港に降りたら楽なんだけど、そういうわけにもいかんだろうしなあ。まあ頑張ろう。


そんなこんなで焼鳥屋さんを後にして、セブンに寄ってから宿に戻りました。


さあ早く寝るか。明日も早いのです。明日こそ出さないとな。頑張ろう。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/26 19:45 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)