業務日誌:160418 




昨日は6時に家を出て北見の探鳥会の担当をしてから、そのまま現場まで300km走りました。


ヒルメシは途中の街の食堂にてホタテちらし。タウリンタウリン。貝柱もうまいが耳もうまい。


ヒルメシ後、移動再開。でもあまりに眠くて途中の駐車帯で1時間ほど仮眠したら、別働隊のツマ殿と合流できたので、そのまま二台で現場入りしました。


宿着後、急いで探鳥会報告などをアップ。ヒルメシの時にスマホで下書きを書いておいたので時短できました。


で、S兄夫妻と処刑さんと宿の近くの居酒屋でプチ溜まり場オフをして酔っ払って寝たというわけです。いやー楽しかった!!


6:00 起床。というわけで今日は遅出なので時間に余裕があったのです。


のんびりアサメシ後は、ひたすら入力作業。こういうのは溜めると精神的に良くないので、なるべく毎度毎度チマチマとやることにしています。


10:00 宿のロビーでミーティング後、散開して調査開始。雪、0℃。がっつり積雪状態であります。


絶え間なく降り続ける雪の中、ひたすら走り回って情報を集めました。結果的には天気が悪いなりになんとかデータを拾い集められたかなと思います。


昔はどんな現場でも一度設定した定点からは何が何でも張り付いて動くなみたいな雰囲気がありましたが、ほとんどの場合、状況次第では適宜動いて能動的に情報収集する方が良い結果が得られると思います。そのために、調査する側も状況に応じて機動力を活かすためのミニマムな機材を使用するといった柔軟性が必要になると思います。


暗くなってから調査終了。宿へ戻る。遅くなるのでミーティングは無し。各自報告のみ。そういう柔軟性ってとても大事ですよね。素晴らしいと思います。


まあそういうわけで宿に戻ったあと、S兄夫妻とバンメシ。


どうせ俺はゴミムシ。



おやすみなさい。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/18 22:14 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)