業務日誌:160122 




5:00 起床。本日はあまり時間が無いのでアサブロはあきらめました。とりあえずバナナとヨーグルトとSOYJOYでアサメシとし、あんなことやそんなことをしました。


6:30 宿をチェックアウト。宿を出る時からすでに防寒着を着込んでいるわけですが、あまり雪の無い地域だからかどうか、街を見ても防寒着系の人があんまりいなくて目立っちゃう感じですね。フロントの人もなんとなく「厚着してるなー」という目で見ておりました。


そんで本日は朝のミーティングは無くて直接始めることになっていたので、まだ薄暗い中そのまま現場へ。


現場に着いて、開始時間が来るまでカモやら白鳥やらを眺めつつセブンで買った珈琲を飲む。


7:00 調査開始。怒涛のごとく記録していく。昨日とは違うところなので新鮮。でも懐かしさもある。


学生時代、車で放浪していた頃にしばらくうろうろしたことがある場所を、こうして仕事できちんと見て回ることになろうとは思わなんだ。そう考えるとやっぱり趣味を仕事にできたというのは幸せなことなんだな、と思う。いろいろ大変なことがあったりするとその幸せすらも忘れそうになるけれども。
この仕事を今もこうしてやらせてもらっているのは多くの方の紹介やらフォローやら応援やらがあったためだから、やはり何がどうあろうと関わったすべての方に感謝の気持ちを忘れてはいけないな、と今になって思います。


ヒルメシ前に大きな価値あるデータが取れて小躍りする。面白くなりそうです。まあ今後ワタクシが呼ばれるかどうかわからないけれども。結果的にきちんと保全されればなんでもいいです。


軽くヒルメシを食ってから戦線復帰。また怒涛のごとく記録していく。午後から雪がチラチラと降ることもあったけれど、全般に晴れてて気持ちよく仕事ができました。


15:00 調査終了。A氏と合流して結果の報告。ほがじゃを気に入って貰えて何よりです。


15:15 解散。帰路に。乾燥路なので快調に走る。


峠を越えるとしばらく店が無いので、その前に早めにバンメシを食べておこうと、昨日調べておいたラーメン屋さんに寄るも開いておらず撃沈。なんかこのパターン多いなあ。


仕方ないので空腹をおして走り続ける。峠も問題無し、峠を降りてからも問題無し。ガンガン走る。


19:00 想像よりもだいぶ早く、店のある街に到着。ネットで探して評判の良いラーメン屋さんに行ってみる。 


もやしチャーシューの醤油にしました。あと餃子も。味はまあまあかな。スープのベースが蕎麦つゆ的な感じで、麺も細目で、でもチャーシューは脂多めで、全体的には不思議とまとまっているというラーメンでした。ワタクシの極個人的な好みからはちょっと外角低めに外れるんだけど、老舗の安定感を感じました。固定ファンの人が多いのも納得です。たまに仕事で泊まることもある街なので、また今度来てみよう。今度は塩だな。このスープと麺なら塩だな、と。


メーラン後、セブンで珈琲を買ってまたかっ飛ばす。ランクルはもうすぐ35万キロになりますが大変元気であります。


自宅に近づくに連れて雪の降りが強くなってきて、峠を越えたら吹雪でした。でもまだ標識がなんとか見えるので問題無し。峠ではしばらく鹿の軍団と並んで走りました。あいつら跳ねられなければいいけどなあ。


21:45 吹雪の中かっ飛ばして無事帰着。いやはや、スゴい雪です。あんなに雪が無かったのに、留守の間に一気に普段の冬です。家の前はツマ殿によってちゃんと除雪されておりました。


今日はさすがに疲れたので内業は後回しにさせてもらってちょっと休もうかなと思います。明日はコクガンの調査日ですが、雪が降る予報なので一日延期しようかと思います。まあ朝起きてみて考えるかな。


そういうことで皆さんお疲れ様でした。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/22 23:02 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)