初映画。 




『ドラゴン・タトゥーの女』のDVDを観ました。


『007』のダニエル・クレイグが主演なので興味があって観てみましたが、彼はやっぱりどうやってもダブルオーな感じでありました。このイメージを払拭するにはMr.ビーンを演じるしかないですな。無理かな。


それにしても難しい。あらすじは理解しましたが、まだ深い背景を理解できていない気がする。原作読まなきゃダメだな。買おう。


でも「むむっ?」という部分は多少あるにせよ、文句無しに面白い映画でありました。リスベット役のルーニー・マーラの演技が素晴らしい。彼女の境遇がとても可哀想。


監督はあの『セブン』を撮った人だったんですね。どおりで。


ちなみに、おこちゃまは観てはいけません。
というか、おこちゃまと観てはいけません。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/02 22:36 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)