業務日誌:151105 





5:00 起床。8時間寝た。こんなに寝れるなんてワタクシもまだ若いな。


5:45 弁当とお茶を受け取って宿前でミーティング後、散開。現場までの途中に夜通し札幌から走ってきたというP社M氏がおられたのでまたミーティング。


6:00 調査開始。-2℃。上下冬用のアウターを着込んでぶらぶらお散歩。


そのうちに出現があり、なかなか難しい判断を強いられたものの、とにかく安全策を採る、との意志を貫きました。結果的になんとかクリアできたと思うし、わかりやすいデータがとれたのでは、と思います。


工事モニタリングではどうしても「止める」という判断を躊躇うことが多いですが、我々は常に冷静かつ客観的に対象の動きを評価して、淡々と決めごと通りに「こういう動きが確認されたので止めて下さい」とか「こういう動きが見られないので再開は待って下さい」と言えば良いのだと思います。だってそういう風に進めましょうとあらかじめ決めていたんだからね。


何かあってからでは遅すぎる。ならば安全策を採りながら進めましょう。結果的に何事も無ければそれで良し。ということです。


16:00 と言うことで本日も結局日没前の作業完了時まで見て調査終了。途中でやめるわけにはいかないですよ。最後の最後で良い動きも見られて良かったです。


宿に戻り、食堂というかリビングでO氏と宿のオヤジさんと奥さんと雑談。カベラスの迷彩服の話やら、いろんな笛の話やら。


その後、メール対応をし、風呂に入り、写真を整理し、メール対応をし、バンメシを食い、メイドカフェの話をし、明日帰るので荷物の片付けをし、そしてワタクシはもう寝ます。


どうもどうも。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/05 20:58 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)