本日のワタクシ 

150809_045 - コピー_1289

150809_031 - コピー_1290
↑イシイルカ Phocoena dalli


そんな感じはしないのですが、ヘルペスが出るのは疲れのサインなので、今朝はクルーズに行かずに休みました。
ゆっくりたっぷり寝て、8時近くに起床しましたが、なにやら小さなアリンコがいっぱいいることに気づきました。群れを辿っていくと・・・。。。。。。。


とにかくいっぱい屋内に入り込んでいたので掃除機で吸い込み、外界とのワープホールとなっているらしい隙間には不本意ながら殺虫剤をスプレーして、これ以上入ってこないようにしました。そんなこんなで朝から汗だく。疲れた。


その後池の水を補充し、デッキに出してある観葉植物たちをたっぷり灌水して、亀ちゃんたちに餌をあげました。


ニンゲンのアサメシ後は美味しいブラジル・カルモ農園の珈琲をたっぷり淹れて内業。


ヒルメシ後、ちょっと外へ出て庭の花や虫などを撮影。ほんと花に集まる虫が増えた増えた増えた。


14時前に家を出て、まず原生花園へ寄って展示のパンフレット類を補充。折り紙の紙も出しておく。もう無くなったから買ってきて補充しないと。


網走の道の駅へ向かい、支度をしてチパシリ号へ。船長さんと弟さんにご挨拶し、乗り込み。
午前便に旭川のSさんが乗っていたらしい。登録したからなあ、さっそくはるばる旭川から来たんだなあ。嬉しいなあ。
午後便には鳥屋さんは誰も乗りませんでしたが、ワタクシを含めて10名ほどのお客さんが乗っていました。一応馴染みなのでライフジャケットを他のお客さんに配ったり、少しだけお手伝い。


出航後、一生懸命に探すものの、鳥影は非常に薄い状態。いや正確にはウミネコやオオセグロなどはかなり沖合までぱらぱらと散在しているので鳥影自体は多少あるものの、海鳥系はかなりヤバイ状態。それでも、遠くを飛ぶミズナギ系数羽やトウゾクカモメなどを確認できました。鯨類ではイシイルカのみ。出は悪かったのですが、出た個体は結構長いこと船と遊んでくれました。


前にも書いたかもですが、海水温の高い状態がずっと続いていて、ブリなどの高温を好む魚は入ってきているものの、イワシなどの小魚やオキアミ類などが入らず、本来いるべきはずの鯨類や鳥などがまったくいない・・・という状況が続いているようです。まあそろそろ良い方向に変化していくだろうとは思います。


18時過ぎに帰港し、船長さんがたにご挨拶をしてから帰路に就く。


帰宅後、バンメシを食べ、テレビを見て寛いだあと、本日の結果を支部ブログにアップし、観光協会へも報告しておく。その後写真の整理をし、いくつかメール対応など。


ということで寝ます。


明日の午前便は出るのかなあ。出るんなら乗ろう。


午後からは出張であります。夜は酒池肉林の肉祭り開催であります。ムフフのフ。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/10 00:41 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)