ネズグミツネ 

コピー - 141221_021_924

コピー - 141221_003_923


今日は一斉ワシ調査の調査基準日でした。今年は11月~3月まで月一回ずつあるのです。


6時に起きて支度をし、外が明るくなってきたのでブラインドを開けたら、軒先にタイリクヤチネズミの亜種エゾヤチネズミが2匹ちょろちょろしていました。
先日の暴風でヒマワリの種を入れてぶら下げておいたペットボトル・フィーダーが吹っ飛び、辺り一面ヒマワリだらけという、ヤチたちにはパラダイス銀河的な状況となり、そしてこの暖気で雪が融けたために本来ヤチがのんびりくつろいだりしている雪の中のトンネルがかなり露出した状態となったので、表に出てこざるを得ない状況になったようでありました。


すぐにカメラを取り出して撮影しました。
「窓ガラス越し&日の出前」というかなりの悪条件だったので、画像はすべて激しく青っぽい色具合でしたが、ちゃんと処理したら普通の色になるのです。
高感度撮影を余儀なくされたので、ちょっとノイジーではありますが、まあ許容範囲かなと。


コピー - 141221_039_926


そんで8時に家を出て、網走湖を見回ってきました。ワシはまあそこそこ。多くはないですが、まだワカサギ釣りも氷下漁もやってないからこんなもんだやね、という感じ。いるべきところにいるべき奴らがいてくれたので良かったです。


国道脇の駐車帯に植えてあるナナカマドにツグミの群れがついていたので、車を脇に停めて、ブラインドを張った上で窓を開けて撮影しました。


コピー - 141221_118_927


女満別ではようやく凍りついた湖の上をキツネが歩いて横断していました。


そんなこんなな本日でした。


さて、パワポの仕上げをやろう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/21 15:49 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)