業務日誌:141023 

コピー - 141023_029_832

コピー - 141023_052_834

コピー - 141023_070_833
小鈴鴨(Aythya affinis

5:30 起床。部屋を出てすぐ風呂へ。ワタクシの部屋は山に面していてオーシャンビューではないので、廊下の窓から外を見てみる。今日は穏やか。問題なく行けそうな気配濃厚。


風呂の後、メール対応や入力などをし、支部報の鳥情報を完成して自宅のツマ殿へ送信しておく。その後、アサメシ。


7:00 宿を出発。40分ほどかけて秘密基地へ向かうが、だんだんと条件が悪くなってきてちょっと心配になってくる。それほど距離は離れていないのだが、宿のあるマチの周辺と、秘密基地のあるてっぺん周辺ではだいぶ状況が違ってくる。


8:15 準備をして、スーパーマシン進洋丸(名前確認した)発進。近場から調査を始める。


ラインを1本やってから次へ向かうが、だんだん状況が悪化。なんとか3本実施したところでこれ以上は無理、ということで基地へ引き返す。


10:30 秘密基地へ帰着。天気予報では明日は朝からダメっぽいので、追い込まれたP社M氏は青ざめ、引きつった顔で打ち合わせをしたり電話をかけまくったりしていた。ワタクシもそのまま延長できれば良かったんだけど、ブロック総会ドタキャンはさすがに避けたいので・・・。申し訳ないです。


ということで夕方までまたフリーになっちまった。
とりあえずなんだかんだで昼近くになったのでどこかで何かを食べようとマチへ。蕎麦屋の前を通るがまた車がいっぱいで停められない。そのまま駅まで行って、駅の中の食堂で「おまかせ定食」を食す。


その後近くのスーパーで飲み物などを買ってから、S兄に教えてもらった小鈴を見に水溜まりへ向かう。途中、ちょっとぼんやり考え事をしてて危うく事故りそうになるが大事に至らず。危ない危ない。気をつけなければ。


水溜まりに到着し湖岸の右手から探し始めるが最初は見つからず、とりあえずコハクチョウの写真などを撮ってから、Uターンする形で左手の湖岸に沿って探してみると、あっさりいた。


久々に見たけれどやっぱりなんかめんこいよねえ。双眼鏡でもはっきりわかるくらいなので一応証拠写真は撮れたものの、S兄のような綺麗な写真は残念ながら無理ポでした。もう少し湖岸に寄れれば・・・とは思ったけれど、ロープを超えて入るようなことはしません。だんだん遠ざかってしまったので、カメラをSX50HSに換えて追尾していたら、タイミング良いというかなんというか、ちょうど鳥インフルの糞便調査と思われる方々がいらして湖岸に入られたので、警戒して飛び立ちました。そこをとりあえず連射したら風切のパターンがはっきり写っていました。まあその、ワタクシが自分で飛ばしたわけじゃないからね。糞便調査の方も悪いわけでは決してないです。大切な仕事です。ご苦労様です。
そして何はともあれ教えてくれたS兄、どうもありがとう。


ということで時間はまだ14時。どうしようかと思ったけれど、ちょっと疲れ気味なのでおとなしく宿に戻りました。


宿に戻ってからメール対応や写真の整理などをしました。


ということで本日はこれまで。ごきげんよう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/23 19:54 ] 仕事ログ | トラックバック(-) | コメント(-)