おっさん、悩む 

140531_032_599.jpg


なにやら本日はスーパームーンだそうで。
ならば、とお月さんっぽい写真をアップしてみますた。
実はお天道様ですが。


ということで休みの本日は先ほどからずっと調べ物をしているのです。
お月さんでもお天道様でもなく、でもまあるいものについてです。


スタッドレスをどうしようかなあと思って。


ランクル(100後期型)は先代(100前期型)の時代からもう10年以上もずっと冬はミシュランのタイヤをセレクトしていて(もちろん何度か履き替えてるけど)満足もしているのですが、一昨年くらいに新製品に変わってからは性能がむしろ微妙に落ちたような気がなんとなくするのですよ。「前の方が良かったなあ」って。気のせいかも知れないんだけどね。


ミシュランのスタッドレスは道内ではあまり評判がよろしくないようですが、ワタクシはトータルバランスに優れた良いタイヤだなあと思います。氷上性能も特別悪くは思いません。まあこんなもんだろ?という感じ。剛性感があって高速道路やカーブなどで「ぐにゃっ」としないし、運転してて路面状況の微妙な変化を感じ取りやすく「滑りを予知・察知しやすい」ということは言えると思います。どうしたって滑る時は滑るじゃないですか。絶対滑らないタイヤなんてないからね。路面の見た目もさることながら、手に伝わる感覚で「滑りそうだな」とか「微妙に滑ってるな」と判断して早めに減速したりするわけですが、それが本当にわずかかも知れないけれど感じ取りやすいような気がします。


あと、パンクしないんだよね。ミシュランのスタッドレスにしてから、冬はもちろん、履き潰すために夏の間もずっと履き続けた時(今年もですが)も含めて、まだ一回もパンクしてないんです。以前、何とかの一つ覚えのようにブリヂストンのタイヤを信奉していた時は、冬タイヤでも夏タイヤでも年に一回はパンクしてたからね。なんなんだろう、この違いは。突起物が刺さりにくいのかなあ。
スタッドレスは圧倒的にブリヂストンなどの方がゴムが柔らかいですね。ミシュランは堅いです。この堅さで効くのか?と不安に感じるほど堅いです。でもそれでもそれなりに効くんだけど。ミシュランに変えてまず感じたのは「ゴムは柔けりゃいいってもんじゃないんだな」、ということですね。それまでの常識(スタッドレスは柔いほど効く=ぐにゃ感もパンクのしやすさも仕方ない)が根底から覆されたような気がしました。
仕事で林道とか荒れた山中の作業道とかも入るからね、そんなところを走ってもパンクしたことがない。もちろん尖った石や異物などを踏まないように細心の注意を払って慎重に走ってはいるんだけど、それでも10年以上一度もパンクしたことがないミシュランはホントスゴイと思うし不思議すら感じます。


そんなこんなでやっぱりミシュランはすごいんだなあと自分で書いていて思うわけですが、ただちょっと他のが気になっているんだよね。ブリヂストンでも新しいのが出るらしいし、最近は「ぐにゃ感」も改善されているのかも知れない。もともとミラーバーンのような氷上での限界性能の高さには定評があるし、それは素直にスゴイと思う。
値段が高いとか安いとか、減るのが早いかどうかは別にどうでもいいんです。どうせ2シーズンで履き替えると思うので、もしそれが3シーズンまでもてばすごくありがたいけれど、安全のためだからタイヤをケチるつもりはありません。


ヨコハマのジオランダーとかはどうなのかね。評判はいいみたいだけど。
ダンロップも今のは結構いいみたいだね。
あまのじゃくなワタクシとしては定番を外してトーヨータイヤのオブザーブとかも試してみたいような気がする。グッドイヤーとか。


まあ結局どれも大差はないんだろうけどね。一長一短というか。


こうやってどれにしようかと悩んでいるときが楽しい。もっと悩もう。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/10 13:27 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)