業務日誌:131130 

コピー - 131130_038_170


5:30 起床。今日もいい天気。さすがに氷点下の冷え込みだけれども、昨日ほどではなくて一安心。雪も新たに降ってはいなかった。


7:15 自宅を出発。


8:00 調査開始。実は開始前から確認あり。しかも予想外のことが起こって何時間もずっと目が離せず、なかなか大変だった。といっても人為的な影響によるものではないので、ただただ興味深い性質のもの。こんなことは聞いたことがないし、ワタクシ自身も初めて。書きたいけど書けない。そのうちまた発表のネタにします。しかし、今後どうなるのかなあ・・・。毎日見ていたいくらいだわ。


今日は久々にラジオ文芸館を聴きながら仕事ができた。でも、今日の話はちょっと・・・だったなあ。そんなに素直で物事を正しく深く理解しちゃっている聡明な小学生の男の子っているかねえ。ワタクシはいないと思う。いたら逆に気持ち悪いなあ。もっと子供の心ってざらざらギザギザしているんじゃないかね。


16:00 地球の裏側へ入っていくお天道様を見送って、本日の現場は終了。最後の最後まできっちり仕事しました。片付けをしてから帰路に就く。


帰宅後は写真の整理、データのスキャン⇒PDF、速報作成、次の調査の準備など。
とにかくボリューム満点のデータなので速報にまとめるのも一苦労。もっとざっくりしてても良いとは思うんだけど、「不慣れな方にもわかりやすく・・・」とか考えると、ついつい補足説明が多くなっちゃうんだよね。


よし、とりあえず内業も終了。


明日は支部報作ります。パトロールにも行きたいけどなあ。午前中だけ行ってくるかな。
ああ、明日から師走か。
ああ、車検にも出さないとな。来週末だな。


そんなこんなで風呂入って一杯飲んでから寝ます。おやすみなさい。お疲れ様でした。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/30 22:39 ] 仕事ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

業務日誌:131129 

コピー - 131129_164_161


5:00 起床。夜のうちにうっすら雪が積もった。


7:15 出発。今回も2台体制。それほど滑りはしないが一応凍結路面なのでゆっくり慎重に走って現場へ向かう。


8:00 調査開始。開始時の気温-3℃。天気が良いので陽当たりの良い場所だと気温ほど寒くは感じない。


なかなか出が悪いので集まっていそうなあたりを見てもらったら、案の定ごちゃっと固まっていた。鉛弾入りのシカなんか食べないで、安全なホッチャレを食べるが良し。だね。


ターゲットの動きとしては今一つだけれども、ひとまずは「問題なし」と言える状況かな。あとは明日の結果を重ねてみて何が言えるか・・・だね。


今回の対象ではないけれども結構な大物(の若造)がすぐ近くで出て、ホッチャレを食べていた。
へー、ホッチャレも食うのか。これは珍しいのでは? と思って帰宅後にぐぐってみたら、観察例はたまにあるんだね。でももしまだ「○○○○もシロザケの死骸を食べることがある」ということがきちんとした形で世に出ていないなら、せっかくだから報告にまとめてみようかなあ。一応写真も撮れたし。


131129_166_160.jpg


16:00 調査終了。今日は本当に天気が良くて、日蔭部分を除けばあらかた雪も融けました。でもきっと来週の現場は雪まみれだなあ。吹雪かもなあ。滑るとかは別にまだいいんだけど、吹雪がホントいやだよねえ。あの前が見えないという恐怖はもうホントやだ。自動的にブレーキかける車が世に出始めているけれど、吹雪の時でも機能するようにしてくれたらいいのに。
・・・まあとにかくこの仕事は年4万とか5万とかやたらと走る距離が長いので、それだけ修羅場をくぐる機会も多いのです。この冬も無事に越えられるだろうか。まあ今から考えてもしゃーないんだけど。


帰宅後、写真の整理とデータのスキャン、速報作成、メールチェックなど。


元B誌編集部で画家のGさんからメールがあって、1月に会いに来てくれるとのこと。なにやらワタクシがやっていたあの「旅」のことについて聞きたい、とのことなのです。そんなに参考になるとは思えないけれど、まあ何かのヒントになるのであれば嬉しいよね。なんでも聞いてください。なんでも話します。


やっぱり時々思うけど、あれは本にしておけば良かったよね。
もう10年以上前だからいまさらは無理だし、ちょっと残念。。。
どうにか足したり引いたりして、焼き直せないかなあ・・・。
誰か編集してくれるヒトいませんか?


131129_195_159.jpg


今日も夕陽がきれいだった。
やっぱりお天道様ってすごい。
彗星がボカンドカンしちゃうくらいなんだからすごい。


明日もお天道様の力を借りて頑張ろう。




関連記事
[ 2013/11/29 20:44 ] 仕事ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 

コピー - 131128_084_139


今日は朝からミニドック検診でした。人間ドックの簡易版ね。町でやっているのでとても安いのです。
ワタクシは生活習慣病と胃がん・大腸がん検査をしてもらいました。
結果は来月わかるのですが、まあ今年も「肥満」と言われる以外なんともないでしょう。
BMIで言えばワタクシの理想体重は60kg程度なのですが、それこそ大病でも患わない限りムリな話です。一番痩せていた大学卒業~「旅」の前半頃だって65kgくらいだったんだから。
今は72kgくらいですが、来年には70kgで安定したいですね。ゆくゆくは68kgくらいまで落としたい。
時間をかけて、筋肉をつけてカラダを引き締めながら余分な脂肪を少しずつ落としていくつもりです。
ちなみに血圧は見本のような数字です。


で、胃がん検診で生まれて初めて「バリウム」を体験しました。これまで色んな人の体験談を聞いて、夢にまで見たバリウム。どんなにまずいんだろう、とわくわくしながらごくごく飲んでみましたが、なんもまずくないじゃん。がっかり。
飲んだ後のぐわんぐわんと振り回されるやつもなかなか面白いね。
発泡剤を一緒に飲むとゲップが出るので我慢してくださいねーと言われましたが、実際すごかったですね。我慢して我慢して、検査を受けて、終わって外へ出て溜りに溜まったやつを盛大に一発ぶちかました時の爽快感といったらアナタ。


ということで家に帰り、ブランチを食べ、11時半過ぎからパトロールに出かけました。
「バリウムを飲むと便秘がちになるので・・・」と渡された下剤をしっかり飲んでいたので、どうも腹がぎゅるぎゅるしていたのですが、突撃したわけです。


斜里へと移動している最中、やっぱり「おぅ・・・」となり、ちょっとアクセルを強めに踏み込みました。


道の駅で無事に一仕事終わらせ、斜里漁港を見回ったところ、ハジロカイツブリとカイツブリがいました。事前にハジロの情報は聞いていたので驚きはしませんでしたが、ハジロが港に入るのって実はなにげにレアでないかと。ミミならわかるけどね。ハジロは濤沸湖ではいつも遠くにいてワタクシの300mmではまったく鼻くそくらいにしか写らないので、ここぞとばかりに激写しましたが、ちょっと暗かったり微妙にやっぱり遠かったりして満足のいく画は撮れませんでした。まあ証拠程度です。ああ500mmが欲しい。


まあとりあえず「ないよりはマシ」程度でも撮れたからいいかと気を取り直して車を走らせ、どこに行こうか迷った挙句、久しぶりにうちの近くの森へ行ってみました。


131128_080_145.jpg


森に沿った砂利道をゆっくりと車で流し、適当なところに車を停めて森の中をぶらぶらしていたら、カラ類が集まってきました。コゲラの声もします。
待っていたら、高いところを飛んでヤチダモの梢付近にとまる小鳥。カラじゃなさそう。双眼鏡で確認してみたら、コアカゲラの♀でした。遠かったので写真は撮れませんでしたが、コアカは大好きな鳥なので嬉しいのです。最近数が減っている気がするのでなんとか実態調査をして保全策を講じていきたいと考えてはいるのですが、動くに動けない状態が続いていて我ながら情けないです。


コアカが去った直後、目線の高さを飛んできて目の前の木の幹にペタッと貼り付いたのがいました。キバシリでした。さっきから鳴き声はしていたので、「撮りたいなあ・・・」と思っていたら、目の前に来てくれたのです。キバシリもろくな写真を持ってないのですよ。
若干の興奮を抑えつつ、シャッターを切りまくりました。キバシリがどんどん幹を登っていって裏側に入ったところで、撮った画像を確認してみました。


・・・がーん。


131128_kibashiri.jpg


・・・ぶれまくり。失敗。確認してみたら、1/50秒で撮影していたようです。そりゃぶれるわ。ISO感度を倍にして、露出を-1.0補正しておくくらいでちょうど良かったなあ。あー悔しい。


かなりショックを受けて、ふらふらと車に戻り、そのまま自宅へと戻る方向へゆっくり走らせました。


もうすぐ自宅に着くというところで、ふと思いついて普段通らない畑の中の道路を走ってみることに。
窓を開けて、ゆるゆると徐行しながら進んでいくと、何やら薄いサンドベージュの小鳥が左前方から飛んで、10mくらい先の地面に降りました。すぐに双眼鏡で見てみるものの、完全に後姿。しかも伏せたような姿勢。振り向きもせずにそのままこそこそと草の中へ入ってしまいました。やたらと警戒心が強いのです。


特徴は全然確認できませんでしたが、なぜかピンと来ました。「コヒバリだ」、と。


確信がありました。先ほどのキバシリの二の轍は踏まんと、カメラの設定を「ISO800/露出補正-1.0」にし、1カット試し撮りをして確認してから鳥が姿を消した草むらまで車をそーっとじわじわ前進させて、ブラインドを張ってエンジンオフ。


しばらく待ちました。


なかなか出てこず、だんだん「あれコヒバリじゃなかったのかもなあ」「やたら色が薄かったけどオオジュリンかなんかだったのかなあ」などという疑念が頭の中で渦を巻き始めた時でした。


草むらの奥の畑にひょこひょこ出てきた鳥が。薄いサンドベージュのあいつです。


「!」


双眼鏡で確認。間違いない、コヒバリ。ブラインドからカメラを素早く、でもそーっと覗かせて何枚か写真を撮りました。


131128_kohibari.jpg



かなり気を使って撮りましたが、それでもやはり信じられないくらい警戒心が強く、速足で歩いて遠ざかったあと、パッと飛んで30mくらい先の畑に降りてしまいました。この距離(上の写真はかなりトリミングしています)でこんなに警戒するのか。なんだこれは。ヒバリなんかと全然違う。警戒心が違うし動きが違う。まるで全然まったくすっかりはっきりぽっきりしっくりめっきり違う。違う違う違う違う違う。


このままワタクシの車で追ったりすると絶対ダメだなと感じたのですぐに脇道に逸れて現場を離れ、いったん家に帰りました。


で、ちっちゃくて比較的静かな嫁さんの軽自動車に乗り換えて、嫁さんを乗っけて再度現場へ。そーっとさらに慎重を期して探してみるものの、見つけられず。多分、まだいるとは思うんだけど・・・。でも、居着いたりはしないんじゃないかな。ちょっとそもそもコヒバリの好きな環境とは微妙に違う感じがする。昨日今日と全道各地雪が降ったから、どんどん移動していく途中でたまたま降りていたのでは。もし居着いたとしても次に雪が積もるまで・・・かな。


それにしても、いつかどこかで会えるとは思っていたけれど、まさかうちのすぐ近くで出るとは。


やっぱりこれだから鳥はやめられないですなあ。


パトロールしなきゃダメだ。


関連記事
[ 2013/11/28 22:22 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 






本日もオフでした。


北見へ行ってきました。


10時に家を出て、11時過ぎに北見へ到着。ちょっと早めに「彩」さんへ行ってランチにしました。遅くなると満席で入れなくなるからね。今日もマダムに大人気でした。だって野菜たっぷりで美味しくて安いんだもん。北見が誇る名店だと思います。


ランチ後、そのままイオンに向かいました。話題の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』を観るためです。


タイトル通り誰もが知ってるかぐや姫の物語なんですが、とても新鮮に感じ、最後まで飽きずに観ることができました。
画がすごく素敵でした。予告編を観た時には「えっ?」と思いましたが、いやーワタクシがバカでした。
声を担当している俳優さんたちも素晴らしかったです。違和感はまったく感じませんでした。


♪とーりーむーしーけーもーのー、くーさーきーはーなー


ああ耳について離れない…。


映画の後、NHKギャラリーで開催中の金田さんの写真展『エゾリス物語』を見学に行きました。なんというか、構えていない素のリスたちが画の中で走り回っていました。自然体なんです。リスも自然体だし、構図も自然体。それでもきちんと素敵な作品になっている。これは難しいんですよね。竹田津先生の写真もそんな感覚がありますが、とにかく自然体なんです。
いい写真撮ってるなあ、さすがだなあ。もっと観たいよ。


NHKギャラリーを後にして、あちこち寄って買い物をして、美幌の「かね久」でまいたけかしわを食べてから帰ってきました。


明日はミニドック検診です。体調を崩してからは毎年検診しています。フリーランスは本当にカラダが資本なので、年に一度は検診受けましょう。主婦の方も是非。マチでやってるミニドックなら安いからね。自分のために、家族のために。



関連記事
[ 2013/11/27 22:26 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 



昨夜からの雨も朝には上がり、澄んだ青空が広がっていた。ただ、強風は続いていて、とてもじゃないが穏やかという表現には程遠い状態。気温も生暖かく、時々おかしな雲が湧いてはあたりを仄暗く染めて雷鳴を轟かせ、身構えているとほどなくしてまたすっきり青空という、なにやらよくわからない天気。


荒れた翌日は面白い鳥が出たりするので、最近にわかに鳥スイッチオンとなっているワタクシとしてはすぐに出動すべきところなのだが、思いつきで動き始めたプロジェクトを進めるためにメールを書いているうちに時間が過ぎ、今から行っても中途半端だし・・・ということで、午前中は完全にパソコン仕事に精を出すことにした次第。


いろいろメールのやりとりをし、そろそろ残りヒトケタ枚となった名刺を修正の上で追加注文したりしているうちに昼となる。


午後、家を出て界隈をパトロール。まだ14時前だというのにもう日の光がオレンジ色になりかけていて、ああやっぱりこの時期は午前中が勝負だなあと思いつつ、うろうろ。


止別から斜里まで時々畑に降りているヒシクイを見つつ向かい、スズガモしかいない斜里漁港をさくっと通り抜けて鉄橋の上のヤナまで行ってみる。カワアイサとマガモがいっぱい。コウライでもいないかとスコープで探してみるがいるわけない。
仕方がないので手前にいたオオセグロを撮る。


コピー - 131126_051_136


またヒシクイを見つつ自宅の方へと戻るが、いよいよ日が暮れてきたので濤沸湖の展望牧舎へ。先日のモデルツアーの際には確認できなかったものの、ここから見るコミミズクが素晴らしいので、ぜひ写真を撮っておこうかなあと粘ってみることに。


131126_104_138.jpg

131126_106_137.jpg

131126_136_135.jpg


とりあえず、夕陽がきれい。


コミミは出ない。


仕方がないのでガマを撮る。


131126_134_134.jpg


ガマの穂が強風にあおられてほろほろと崩れ、たくさんの綿毛が飛んでいた。その様子も撮ろうと試みるも、暗くてブレてダメだった。残念。でもここがガマを撮るのに良いポイントということがよくわかった。収穫。今度また狙ってみよう。


結局、暗くなるまで粘ってみるもののコミミは出ず。うーん、今年はダメかなあ。あれも当たり外れがあるからなあ。まあ、仕方ない。


明日はマチへ行って映画を観て買い物をしてくる予定。



関連記事
[ 2013/11/26 22:45 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 

コピー - 131125_087_125


今日は現場がない日なので9時に家を出て昼まで久々に周辺をパトロールしてきました。


オオワシがいっぱい来てました。これまでと微妙にエリアが変わったかも知れない。ちょっと注意しておこう。


オジロもちょこちょこいましたが、やっぱりオオワシが目立ってました。


コピー (2) - 131125_047_126


微妙にピンが甘いんだよな。撮り直さないとな。実はオオワシの写真はあんまりいいのがないんだよね。カメラのせいではなく、レンズのせいでもなく、あくまで腕のせいです。


あちこちぐるぐる回って、斜里川河口もちらっと覗いてきました。カモメたちはあんまりいなかったなあ。


食ってたホッチャレをシロカモメに奪われたボソが珍しく怒っていました。


131125_116_127_130.jpg

131125_118_128_131.jpg


我々にしてみればなんてことのない日常的な光景だけれども、よく考えてみればこれぞ北海道的な画だよね。


うちのすぐ近くに居着いているタンチョウ親子のチェックをしてから家に戻りました。


ヒルメシ後、雨が降ってくる前に中途半端なままになっていた巣箱架けを片付けちまおうと急いで庭へ出て脚立をかついでうろうろしていたら、何やら客が。


だれだ?と思ったらワタクシの同級生で役場にいるIでした。同僚というか、部下くんを連れて仕事のついでにちょっくら立ち寄ったらしい。久々にどうでもいい話をいろいろ話してお互いに近況報告をしました。ワタクシもなかなか家にいないので、地元に一応住んでいるとは言っても同級生の連中と会う機会なんて滅多にないのです。まあみんなそれぞれいろいろ忙しいんだろうしなあ。


Iたちが帰ったところで作業の続きをやり、無事に全部設置完了しました。


陶器の巣箱は構造上大きな問題があるなあ。改良せねば。ああ、陶芸にも全然行けないなあ。




関連記事
[ 2013/11/25 22:25 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 

コピー - 131124_186_115


9時から濤沸湖水鳥・湿地センター主催のハクチョウのカウント調査でした。


結果については「こちら」をご覧くださいね。


皆さんのご尽力・ご活躍により、センターが正常に機能するようになって、一地元民として本当に嬉しく思っています。微力ながら、今後もできる限りご協力していきたいと思います。


で、実は打ち合わせが終わって「さあカウント行くぞー」ってタイミングで、切り込み隊長ヨチアキくんからメールが。


「ピエロいた!」、と。


「カウント終わったら行く!」、と。


行きました。みんなでいきました。


すぐに行きました。ヒルメシも食わずにみんなですぐに行きました。


見ることができました。みんなじっくりばっちり見ることができました。


これ↓


131124_052copy_117.jpg
「ピエロ」こと、コケワタガモ♂成鳥。


コケワタについて詳しく知りたい&ちゃんとした写真見たい方は「こちら」


さらに↓

131124_042copy_118.jpg
じゃぶじゃぶ飛んでたカマイルカの群れ。


さらに↓

131124_104copy_121.jpg
波間に遊ぶゴマちゃん。


さらに↓

131124_112_123.jpg
崖の上から獲物を探すオジロワシ。


などなど色々見ることができて、みんなで「ヨチアキくんありがとうありがとう」と叫びました。


堪能したところでお開きとし、ワタクシたちはとりあえず空腹を満たそうと、でも時間的にがっつり食うとバンメシ入らんよな、ということでミスドに行きました。


ようやく人心地がついたところで買い物⇒帰路と相成りました。


帰る途中、原生花園を通っていたら、あまりに夕陽がきれいだったので車を停めてちょっと撮りました。何枚かのうちの一枚がTOPの画像です。


帰ってから、フェイスブックで九州の上野さんから教えて頂いた本場のチキン南蛮を作ってみました。簡単だけどすげーうまかった・・・。


鶏肉をよく揉むか叩くか重曹をかけるかして柔らかくしてから塩コショウを振り、小麦粉をまぶしたあと溶き卵にくぐらせてから油へGo。


揚がったら、めんつゆ1:酢1のつけだれに1~2時間漬け込んで、タルタルソースをかけて食す。⇒うまい。というレシピです。


チキン南蛮ってこっちで何度か食べたことがあるけれど、どれも「チキンカツにタルタルソース」って感じで脂っこくて「むむぅ」でしたが、上野さんのレシピで作るとさっぱりしてて全然脂っこくないんです。胸焼け無縁。なんぼでも食える。これザンギよりいいよ。皆さんもお試しあれ。


えーと、そんなこんなな一日でした。終わり。



関連記事
[ 2013/11/24 21:02 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

業務日誌:131123 

131123_012copy_114.jpg


6:00 起床。二階のデッキから朝焼けを撮ってからアサメシ。


8:30 出発。濤沸湖水鳥・湿地センターへ。


9:00 濤沸湖エコツーリズムモデルツアー2日目スタート。


白鳥公園を皮切りに、湖内4ヶ所を巡る。
ちょっと不発だったけれどカワアイサのプレ追い込み漁や、ヒシクイの群れの飛び立ちなど、ダイナミックな光景を見ていただけたので良かった。
昨日と話しがかぶってもアレだなあと、ネタを変えていろいろお話しさせて頂きました。最後の挨拶で環境省のO氏がそのことを引き合いに「どんな状況でも対応できるように(ガイドとしての)抽斗を多くすることが大切」と話されていました。間接的にお褒め頂いた形となり、お世辞でもちょっと嬉しくなったワタクシでした。いや、まだまだホント日々勉強なんだけどね。。。
ガイドとガイド候補の方々のお役に少しでも立てたなら嬉しいです。


12:40 センターを後にして一度帰宅し、ヒルメシを一気に食ってすぐにまた出発。網走・エコーセンターへ。


エコーセンターの「あばしりまなび塾フェスティバル」に出展している水鳥センターの手伝いを。次々に来る子どもたちの相手をするのが楽しくて楽しくて疲れる。。。


ああホントに楽しかったけど疲れたー。


ポートアルバーニファンクラブの手伝いに来ていた、まぶとイノッチに久しぶりに会えて良かった。
イノッチは市内の某社に内定決まったとのこと。今後、環境系の業務を…という会社の思惑とイノッチの希望が合致したらしく、ゆくゆくは一緒に仕事できるかもなあと盛り上がる。


午前のモデルツアーに参加していためんこいMさんがまなび塾の手伝いにも来ていてびっくり。まぶ&イノッチと同じ研究室だったと聞いてさらにびっくり。どうやら今は市内の某組合に勤めているものの、環境系の仕事がしたいと考えて悩んでいるらしく、いろいろと話を聞いてあげる。ワタクシはフリーだから雇ってあげられないけれど、いろんな選択肢があることや、心構えなどをワタクシなりにお話ししました。少しはアドバイスになれば良いんだけど。


16:00 まなび塾終了。片付けをしてからおいとま。一緒に手伝いをしていたMさんの奥さんからおにぎりを貰って帰路に就く。今まで一度も会えなかったSさんとも会っていろいろ話しができたし、ちょっと疲れたけれどとても充実した午後であり、一日でありました。


明日はボランティアとしてハクチョウのカウント調査に参加します。



関連記事
[ 2013/11/23 20:52 ] 仕事ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

業務日誌:131122 





午前中はこのところずっと継続して取り組んでいる写真の整理を。デジタルデータをクラウドにコピーしてタグを付けて一発で抽出できるようにしておくというアレですね。


なかなか進みません。ようやく2003年って感じ。まだまだ先は長いですなあ。


午後は濤沸湖のエコツーリズム事業のモデルツアー講師として出動しました。


濤沸湖をぐるりと回って、普段なかなか見られないところも見ていただき、濤沸湖の資源量の凄さ、素晴らしさなどを感じて頂きました。あと、厳しい寒さも(^^;)


みんな寒そうだったなあ。ワタクシはこの時期の寒さを知っているので厚着してて全く問題なかったのですが。


残念ながらコミミも不発に終わり、ただの我慢大会になってしまいました。


皆さん、ごめんなさい。でも動物園じゃない野生動物が相手なのでこれが普通なんです。なかなか見られないからこそ、見たときの感動があるのです。いつでも見られるのなら、それはもはやペットです。…ということでご理解下さい。


夜は網走にて懇親会。ガイドの方々のお話しを聞けて参考になりました。環境省のOさんの対馬の話が面白かったなあ。対馬に行ってみたくなりました。まあ行ったことのないところにはどこにでも行ってみたいんだけどね。


そんなこんなで先ほど帰宅しました。


明日もモデルツアーの午前の部があるので頑張ります。


午後はエコーセンターでやっているイベントの手伝いに行ってみようかな。



関連記事
[ 2013/11/22 22:53 ] 仕事ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシ 




朝、清々しい外の空気でも吸おうかとデッキに出てみたら、すぐそこのヤナギに止まって見返り美人状態のカケスと目が合う。


カケスが「まだ?」と言っているような気がしたので、バタバタと用意をして今季の餌台スタート。


カラ類向けにヒマワリの種を。カケスなどにはホームセンターなどで売っているニワトリの餌を。そのうちヒヨたち向けにリンゴを出し、ゲラたち向けに脂身を出します。


餌台設置後、網走へ。道立オホーツク公園にて、仲間と一緒に巣箱設置作業。公園事務所のM所長も手伝って頂きました。大変助かりました。


向陽のラーメン屋さんでヒルメシのあと、よしっぺと一緒に能取岬へ。もちろんコケワタ狙いでしたがあっさり振られました。まあ人生そんなもんだ。でも楽しかった。


その後、濤沸湖のセンターへ寄って配布して頂くパンフレット類を預け、二冊以上あってだぶっていた鳥の本や論文集などを寄贈する。


帰宅後はメールチェックをしたあと、ある鳥の中身を知るための研究を行う。


研究後、美味しい蕎麦を作って食べる。


ああ、明日はモデルツアーの講師だ。いやーん、緊張しちゃうー。


さ、風呂入って寝るべし。久しぶりに体重計ってみるか。かなりヤバい悪寒。。。




関連記事
[ 2013/11/21 23:23 ] モブログ | トラックバック(-) | コメント(-)