本日のワンコ 




早朝、仕事をしていたら 犬っころがニヒキやってきました。


ワタクシのSOYJOYバナナ味を食べ、あっちこっちにションベンをして、去って行きました。


やっぱり一期一会犬用にジャーキーとか積んでおこう。


犬は野生動物でないからなんぼでも餌付けできるのだうはは。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/31 19:55 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

十時間立ちっぱなし 





ああちかりた。


おやすみなさい。



関連記事
[ 2011/08/30 20:45 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ピヨコのえさ 





すごくたわわに実っていたグスベリですが、なんとなく収穫を先延ばしにしていたらヒヨファミリーに全部食われました。


これじゃあんまりだと思ったのか、見事に一個だけ残してくれました。


だけどカメムシ先生がちうちうしててこれもアウト。


まあワタクシは完熟のものよりはまだちょっと未熟で堅くて酸っぱいやつが好きだから別に良いのです。
ヤツらが我が家の木の実を喜んで腹一杯食べて、栄養をつけて逞しく生きていく一助ができたかと思うと、なんかちょっと嬉しくもあるなあ。まあ商売でないから言えるんだけど。


それにしてもほんとあっと言う間になくなるな。ああヒヨファミリーが来てるなあと思ってたら一気になくなった。あいつらの食欲はすごい。


レッドカランツはだーれも食わないんだよなあ。種がでかいからイヤなのかな。このまま放置しておいたら種を目当てにギンザン来ないかな。



関連記事
[ 2011/08/29 21:17 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ワンダーな池 





庭の池にコウホネの花が咲きました。


植えた覚えがない…。


なんだか睡蓮にしては変な形の葉っぱが出てきたなあと思っていたら、コウホネでした。


まったく心当たりがありませんが、種でも混じっていたのかなあ。


不思議と言えば、今朝気づいたのですが、どうやら池に金魚の稚魚がいるみたい。ぶっちが産んだんだねえ。


もうメダカサイズになっているので、これから室内に引き揚げる十月下旬頃までにどれだけ成長するか楽しみです。赤くなってくれれば抜くのも楽なんだけど、黒いままだと見つけるのが大変。今年は網よりもドウの方が良いかも知れない。作るか。


また金魚が増えたな。



関連記事
[ 2011/08/29 08:29 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

カニステル発芽 





冬にヨチアキ君からもらったたくさんの南国フルーツの中に、ワタクシが好きなカニステルが入っていました。


美味しくいただいた後、種をあちこちの観葉植物の鉢に埋めておきました。


そして数ヶ月、つい先日、外のデッキに出してあるポトスの鉢からニョッキリ芽が伸びているのを発見しました。


ワタクシはしょっちゅう勘違いしますが、これはどうやらカニステルで間違いなさそうです。


また一つ、室内グリーンの仲間が増えました。


夏は庭がジャングル、冬は家の中がジャングルってのが良いのです。



関連記事
[ 2011/08/29 08:20 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

南無 




いやあ今日はなかなか活動的な一日で大変楽しい時間を過ごすことができました。


皆さん、どうもありがとうございました。


お疲れ様でした。




関連記事
[ 2011/08/28 18:45 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のヒルメシ 





今日は昼まで現場でした。


解散後、蕎麦屋に寄りました。


ワタクシは山菜おろしそばをいただきました。


夜は祭りの焼きそばです。




関連記事
[ 2011/08/27 18:56 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

トウキビうまい 





お祭りなので実家に行ったらちょうど隣のおじさんがトウキビを持ってきてくれたので貰ってきたお。


とりあえず、「トウモロコシ」と言うヒトは失格です。



関連記事
[ 2011/08/27 18:25 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

その後の血豆ちゃん 





三脚に挟んで血豆ができてから早いもので十日近く経ちましたね。ああ、ホントにもうそんなに経つのか…。月日が経つのが速過ぎる昨今でございます。


血豆ちゃんには最初の2日間くらい蜂蜜を塗って絆創膏でカバーしておきましたが、もともと分厚い皮膚の下にできた形で、特に破裂するような恐れもなく、蜂蜜が何かに効くようなこともなさそうなので、絆創膏を取って放置していました。


数日でぷっくりとしていたものが平らになり、皮膚の下で瘡蓋可しているようなので、昨日引っ掻いて表面の皮膚と瘡蓋を取りました。


もう痛くも痒くもないのでこのまま放置しますが、傷が比較的綺麗な感じなのは少しは蜂蜜の効果なのだろうか。


蜂蜜で満たしたドラム缶に肩まで浸かりたい。



関連記事
[ 2011/08/27 06:23 ] 健康ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ダメぽ発見。 





今週は一般の方々は入林できないエリアで仕事をしております。


初日からなぜか風景に違和感を感じ、その原因もわからず、ぬ?な状態が続いていましたが、今日になってやっとワタクシの脳が何に違和感を感じていたのかがわかりました。


林道沿いにアカエゾマツが植林されている部分があるのですが、アカエゾに混じって葉の青みが強い針葉樹が見える範囲で数本あるのですね。


なんとなく、なにげなく、ああトドマツが混じっているんだなあ…と思っていたんですが、今日、そのトドである筈の木に、たくさんの松ぼっくりがぶら下がっていることに気づいたのです。


トドマツにも一応球果(で良かったっけ?)ができるのですが、空へ向かって直立して付き、時期を迎えるとバラバラに分解して種を散布するので、他のトウヒやマツ類のような枝からぶら下がる形で付くいわゆる“松ぼっくり”はできないわけなのです。


やや!これはトドでないど!とスコープでマジマジと見てみたら、あらまあプンゲンスですね。


公園や街路樹ならなんの問題もないのですが、在来の樹種ではないので、自然度が高いとされている保護林に植えるべきものではありません。


きっと業者がアカエゾを大量に植えるところ必要な本数が足りなくて余っていたプンゲンスを混ぜて誤魔化したってなところでしょう。


植林してから結構年数が経っているようですが、これまで見逃されてきたのか、またはあるのはわかってたけれども伐るほどのことでもないとスルーされてきたのかはわかりませんが、まあいずれにしてもあまり誉められたことではありませんね。


細かいことを言えばキリがないんだけど、やっぱりこういう仕事をする業者にはしかるべきペナルティーを与えるべきです。もうとっくに時効だろうけどね。


一応これは記帳しておこう。





関連記事
[ 2011/08/26 19:16 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)