煙希望 





煙がないと締まらないねえ…。


でも近づいてくる音、汽笛の音の臨場感は素晴らしかった。


ワタクシは2日3日は東京なのでこれが見納めです。


どうもありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/30 14:05 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

にわか鉄 





SLオホーツク号がフィーバーしてますね。


まあ鉄道にはまったく関心のないワタクシでもSLにはやっぱりなんとなくロマンを感じますから、鉄ちゃんの気持ちもわからんでもないですね。


ということで二階からパチリ。


ツマは張り切って近所の穴場まで撮りに出掛けました。


にわか鉄子誕生です。


こういう時は便乗して楽しんだ者勝ちです。




関連記事
[ 2011/06/30 11:55 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

帰ってきたおっさん 





無事に仕事を終え、帰って参りました。


今日も成果はパッとしなかったけど、まあがんばった。


おっさんはユニクロで買ったオサレなステテコ姿で新聞を読むのです。


今日はもうパソコンを開かずに休みます。



関連記事
[ 2011/06/29 19:10 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

もうちょっと仕事したい 




今日はなんだか霧で見えない上に、視野的に良い場所もなくてあんまり良い仕事ができませんですた。


ツマ殿やヨチアキ君や会社員の皆様方もみんな同じ感じだったみたい。


場所は仕方ないにしても、明日は天気くらいは味方して欲しいなあ。


写真は林道沿いに捨てられていた漫画本。ブックオフとかに持ってきゃいいのにね。



関連記事
[ 2011/06/28 17:56 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

靴ラブ 





生まれて初めてオーダーメイドした靴です。


ラッセルモカシン社のスポーティングクレイチャッカというモデルです。


革を味が出るシンプルなものに変えて、レザーのミッドソールを追加しました。


さすがにワタクシの足形で作ってあるので履き心地は完璧です。とても軽くて通気性が良いのか蒸れ感がなくて快適。


昨年の12月頃にオーダーして、2月頃に届いていたのですが、実際には4月過ぎから履き始めました。3ヶ月経過した感じがコレです。少しずつ味が出てきました。


本当は新品のこれを履いて三宅島ツアーに行こうと思っていたんだけどね。
まあ履き込んだコイツで旅するのもまた最高ですな。




関連記事
[ 2011/06/27 18:26 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日未明に読み終えた本 





ハハキギホーセーの「三たびの海峡」を読みました。


戦時中の朝鮮人の強制労働の話です。とても辛く悲しい話ですが、この話のようなことが事実としてあるということを忘れてはいけないと強く感じました。


北海道の歴史もしっかり再認識しなきゃな。


関連記事
[ 2011/06/27 13:18 ] 本ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

もっと海藻を 





先日、「海苔のヒト」が持ってきてくれた焼ばら海苔。


ワタクシ定番の半田麺やお茶漬けなどにガバッと乗せて食うのです。


いやーほんと、なんで海苔ってこんなにうまいんかね。どうもどうも。


子供の頃から海苔に限らずあらゆる海藻が好きだったワタクシですが、感動したのは山形県の飛島ですね。アラメとかイギスとか、見たことない海藻がいっぱい出てきて毎日が春でした。
沖縄も昆布料理がいっぱいあるし、なによりモズクがうまくてシアワセですよねえ。


北海道だと昆布と布海苔とせいぜい銀杏草くらいかな。もっと食べられる海藻がいっぱいあると思うんだけどね。昆布もあれだけ大量に採るけど大半は道外に出荷されるわけだし、なんだか道産子は海藻の食い方がなっちょらんのでありますね。


最近はサロマ湖の海苔も少し出回るようになってきたので郷土愛に溢れるワタクシは見つけ次第とりあえず買うのですが、こういう地場の海藻をみんなもガバガバ買ってガバガバ食って欲しいなあと。羅臼の道の駅なんかには高級品の以外にも安い出汁用昆布なんかがたくさん売っていたりするので、そういうのを買ってどんどん食べると世の中平和になりますね。そうそう、ウトロのフノリもうまいんだよね。


海藻はミネラルがいっぱいなので体はもちろん、心の健康にも良いのですよ。



関連記事
[ 2011/06/27 09:12 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

倒木上更新的発芽 





昨年の秋に近所から採集してきたミズナラのドングリです。


採集してきたドングリは一晩水に浸けて、沈むものだけ播きます。
浮くものは虫食いが激しかったり、そもそも発芽する力がないシイナと言われる種なので、播いても仕方がないのです。


でもまれに、そんな仕方がない連中からも力強く発芽するヤツがあります。


浮いたドングリでもカケスやカラスやネズミが食うだろうと、シラカンバの朽ち始めた腰掛けに置いておいたものから発芽していました。


まるで倒木上更新みたいな。


せっかくなのでこのままにしておきます。


水にしっかり沈んだ優等生はポットに播かれた上にトロ箱に整然と並べられ、手厚い保護をうけていたわけですが、春になってみたらその大半が見事なまでに匂いを嗅ぎ付けたヤチコの餌になっており、一割も残っていませんでした。


ダメだと思ってホカされた種がこうして発芽し、立派なヤツらがダメになるとはまさにヨノナカですなあ。


諸行無常。



関連記事
[ 2011/06/26 15:26 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

挿し木完了 





昼前から二時間弱かけて、ハスカップとマユミの挿し木作業をしました。


今年の枝を挿し穂にして、ハスカップは30本ほど、マユミは15本挿しました。


我が家は出張が多くて留守がちなのでちゃんと面倒をみてあげられません。必然的に、挿し床が乾いてしまったり、蒸れすぎてしまったりで失敗することがあり、どうしたものかと悩んでいましたが、この春、ツマがなかなかナイスな方法を編み出してくれました。


挿し床を外のウッドデッキに置いて、上に衣装ケースを被せるのです。


ウッドデッキには隙間があって通気性がよく、これならば蒸れすぎません。上は半透明の丈夫な衣装ケースで覆われているので、風が吹いても大丈夫。水分を適度に保持しながら苗を守ります。


これを日中の強い直射日光が当たらない半日陰に置いておけば、しばらく放置していても大丈夫。


ツマはまだ早い時期から売り出すけれども寒くて植えるには早すぎる困った苗たちの一時保管のためにこの方法を編み出し、見事に成功しました。霜除けにもなるから素晴らしいのです。


ハスカップが殖えたらみんなにあげよう。欲しい人いっぱいいるから、ただであげたら喜ばれるのです。あちこちにいっぱいあげて、庭園緑化に少しでも貢献できれば嬉しいじゃないですか。


余ったのはうちの庭に適当に植えておけばいいし。


うまくいけばいいなあ。




関連記事
[ 2011/06/26 13:42 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ユスラウメ 





Aちゃんが持ってきたユスラウメの実。


東京の実家の庭にあるそうな。


Aちゃんは以前から我が家の庭に何か木を植えたい、将来結婚したり子供が出来たりしたら見に来たいと言っていたのですが、結局その「記念の木」としてユスラウメを選んだみたい。


実は我が家でも以前一度お祭りの出店で安売りしていたユスラウメを買ってきて植えたことがあったのですが、冬の寒風で弱り、夏のイネ科ジャングルで弱り、結局姿を消してしまったのでした。


まあ場所を選んで植えればなんとか花を咲かせるくらいまでは育つかな…と。今は他の木々が大きくなってきて、風除け効果もだいぶ高まっているし、一度失敗して経験値が少しあるのでなんとか大丈夫だろうと。


まずは種を播いてちゃんと発芽するかどうかがなにより大事なわけですが。


まあこれがダメなら素直にハルニレとかヤチダモとかミズナラとかカシワとかオニグルミとかにしないかいと説得しよう。



関連記事
[ 2011/06/26 10:34 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)