売り物 





去年まで十年くらい使ったレザーグローブです。


マルボロのキャンペーンに応募して当たったもので、手首部分に「Marlboro」の刻印がある以外は今となっては素性不明です。
しかし、モノは抜群に良いです。


これは内側がボア加工してあるあったか手袋なので必然的に使うのは冬期間に限定されるのと、ワタクシにはサイズが大きくてお気に入り度が低く、雪かきの時に使う程度のサブ的な使用方法だったので、十年と言ってもあまり傷んではいません。


先日ワタクシの手にピッタリの素晴らしいレザーグローブを購入したので、これは必要なくなりました。
品質は抜群なので、お直し屋さんに出して指先を短く詰めてもらうなどしようかなと考えたりもしていたんですが、かなり高く付きそうなので諦めました。
で、欲しい人がいたら譲ろうと思い、新年会のオークションに出すことにしました。


そのままだとあんまりなので、しっかりクリーナーで汚れを落としてからオイルを丹念に塗り込み、内側のボアはエタノールで除菌までしちゃいました。


ああ、見違えるようだ…。うっとり。


最近、ついついテレビの画面に映る女優さんの目尻のシワなどに注目して「ああミンクオイルを塗り込んでブラッシングしたい…」と思っているワタクシがいます。


シワはステキな「味」なのです。ピンピンに張り詰めたお肌のしょんべんくさいがきんちょにはまったく魅力を感じません。


…なんか話が脱線しそうなのでこの辺で自粛。


皆さん良いお年を。





関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 14:21 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)

コリコリ 




「きたキッチン」で買ってきた、スモーク豚軟骨です。


札新ハムという会社が作っているようです。


これ、うま男。


豚好き、軟骨好き、スモーク好きのワタクシには直球ド真ん中なのです。





関連記事
[ 2010/12/30 20:24 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

手入れ 





一通り靴の手入れが終わったので、身の回りの小物の手入れをしました。


財布、キーケース、名刺入れ、グローブ。


やっぱり天然素材は使い込むと味が出ていいですね。革とか帆布とか、ワタクシは好きです。





関連記事
[ 2010/12/30 18:22 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)

チーズといえば三友牧場 





三友さんのチーズはホントどれも美味しい。ヨーグルトも美味しい。


来月行って来よう。




関連記事
[ 2010/12/30 18:13 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

年の瀬の創作活動 







以前、網走のSさんからいただいて我が家のオブジェとなっていた流木(一度も水に浸かってないので正確には流木じゃないんだけど)にちょっと細工しました。


以前からやろうやろうと思ってたんですが、なかなかタイミングがなく先延ばしになっていたのです。


今日、ふと思い出したので庭の林へツルウメを採りに行き、えいやっと差し込みました。


写真がうまく撮れないんだけど、実物は結構いい感じ。






関連記事
[ 2010/12/29 16:41 ] アート・映画・音楽ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

夜更けの友 





近所の酒屋には置いてなかったりべらぼうに高かったりするので不本意ながら取り寄せました。


メーカーズマークやブラントンなども良いのですがワタクシはやっぱりターキーが好き、中でもライが好き。
手頃なジムビームも好きですがこれはどこでも買えるので取り寄せたりはしません。


今回は今まで飲んだことのない銘柄のも頼んでみました。バーボンの父である牧師の名が冠された一本。それだけでもう半分やられてます。




関連記事
[ 2010/12/29 11:38 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

打ち上げ 





ワタクシは今日が仕事納めでした。


今年一年頑張りました。


皆さんどうもありがとうございました。


とりあえず一杯グイッとやりました。




関連記事
[ 2010/12/28 18:47 ] 食べ飲みログ | トラックバック(-) | コメント(-)

えへ 





認められちゃった('-^*)/








ちなみにヒマーン以外は問題なしですお。





関連記事
[ 2010/12/28 18:30 ] 健康ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ということでもう一つ 





もう一つ、冬の庭作業など用にレザーグローブも買っていたのです。


これはレザーグローブ専門メーカーのチャーチル社製です。


サイズはS。


こっちはもういうことなし。素晴らしいモノです。


大事にガンガン使おう。長持ちしそうだなあ。嬉しいなあ。


これは厳寒期用のシンサレートの中綿が入っているタイプですが、春になったら中綿無しのも買おう。


ちなみにこれもそうですが、手袋には鹿革が多く使われています。エゾシカはどうなんだろうね。エゾシカの革を使ったメイドイン北海道製品が流通するようになったら嬉しいなあ。




関連記事
[ 2010/12/27 19:51 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)

残念な手袋 







本体はざっくりずっしりしたウールで、手のひら部分が革の手袋が欲しかったのです。
それも質実剛健なホンモノを。


でまあいろいろ調べてフォックスリバー社製のにしてみたのですが、これがちょっと失敗。


ワタクシは男性にしては手が小さめなのでサイズSにしたのです。アメリカ製ということもあり、この選択は正解といえます。実際に履いてみても指の長さはぴったりでした。


ただ、困ったことにこの手袋は立体裁断されてないんですね。親指の位置がちょっと変(革を貼り付けやすいから?写真参照)で、しかも親指周りにマチがまったくないんです。
手のひらを水平に寝かせて、親指を下、それ以外の四本は揃えて上にすると横から見たら「つ」の字になるわけですが、 この手袋を装着すると基本的にその「つ」の字がデフォルトになり、パーにすると親指の周りが突っ張る突っ張る。なんだか窮屈極まりない状態なのです。三枚目の写真でわかるでしょうか。手のひらの土手のあたりとか、かなり突っ張ってるでしょう。パネエです。
どうもこの感じは記憶がある…そうだ、がきんちょの頃、お袋が編んでくれた手編みの手袋の中にこんな「失敗作」があったなあ…なんて、不要な感慨に浸ってしまいました。


このざっくり具合がまあアメリカ製(正確には“アメリカ領ハイチ製”だったですお)らしいっちゃらしくて気にならない人もいるんでしょうが、ワタクシはどうも気になっちゃってダメなので、ツマに使ってもらうことにしました。
ツマは手が超小さいので、あんまり親指周りの窮屈さも気にならないみたいです。指はあまっちゃうんだけど。


惜しいなあ。




関連記事
[ 2010/12/27 19:36 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)