荒れてきた 

20081130165430
今日は斜里でタンチョー会でした。

いつものメンバーから新規のご家族、学生軍団などなど、総勢33名の大盛況となりました。

寒風吹き荒ぶ中、素晴らしく楽しげな雰囲気に包まれながら賑々しく楽しみました。

終了後、参加者の顔ぶれを思い浮かべながらおおよその平均年齢を出してみたら、だいたい30才くらいと出ました。

やっぱりうちらスゴイよね。

学生たちもかなりはまってました。

寒さで震えながら、「やばいっすよ、俺、最高に楽しいんですけど」などと語ってるヤツもいました。

また有望な若手が数名誕生しました。

ヤチョーノカイは会員数が減少してて高齢化も進んでいるとか言うけど、うちは完全に逆行してます。

明るく楽しく、そして開けっぴろげにやっていれば人は集まってきます。

大人が本気で楽しんでいれば、子供や若手もナニナニ?と集まってきます。

そしたらみんな巻き込んで楽しくやればいいんです。

ただそれだけ。

たまにあるけど、子供は子供、若手は若手、ご高齢の方はご高齢の方同士で、という感じで線引きする必要なんて全くないんです。

老若男女入り混じってガヤガヤとやっているのが一番いい。

なぜ人が集まらないか。

楽しくないからです。

どことなく閉鎖的な、排他的な雰囲気があるからです。

楽しければ、いや、正確に言うと開けっぴろげで楽しげな雰囲気があれば、人は集まってきます。

お店とかと一緒かな。

居心地の良さが大事なんだよね。

帰り際に思わず「また来ます」と言ってしまうような雰囲気作りが大切じゃないかなと思います。

常連だけ大事にしているようなお店は先細ること間違いなしです。

うちはもう少しで会員数が250人に達します。

タンチョー会も2、30人集まること、しばしばです。

地域の規模(人口は35万人弱くらい?)から考えればこのままでも結構すごい数字じゃないかなと思いますが、まだまだこれから、ですね。

今後とも、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

終わり。

そうそう、本日の手ぬぐいは京都で買ってきた「吉」小紋のものです。

皆さんにもいっぱい吉が訪れますよう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/11/30 16:54 ] フィールドログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の手ぬぐい 

20081129211552
ツマ友から頂いた手ぬぐいです。

染の安坊さんのものですね。

他では見ない、独特の柄と色使いで、すごくいいですね。

こういうの好きです。

さて今日はラムサール関係の観察会でした。

毎度のガイド役としてお手伝いしてきました。

ちょっとバタバタした感はありますが、まあ終わって見ればまずまず楽しんでくれたかな、と思います。

ちなみにワタクシたちがブログなどで公開しているこういう活動は全てボランティア活動みたいなものでして、仕事ではありません。

生業は別にあります。
関連記事
[ 2008/11/29 21:15 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

マメなアメリカ人 

20081128210341
以前、いきなりてんとらんどの観察会に来たアメリカのどこだかの大学の自然科学の先生から時々手紙が送られてくる。

「今、ギリシャにいます、ナントカカントカを見ました。」とか、「今、カナダのなんとか国立公園にいます、ムースはいっぱいいるけど鳥は北海道ほど多くないです」とかなんとか、そんなようなことを書いた後で、09年の春に学生を連れてそちらへ行くのでよろしく、みたいなことが書いてあることが多い。

以前来た時に、ワタクシの図鑑をプレゼントしたのですっかり気に入られてしまったらしい。

やばい。

かなりメンドーなことになりそうな悪寒。

ということで今までスルーしていたのだが、いいかげん悪いよなと思い直し、今度来たらすぐに同封して送れるようにと、先日京都へ行った際になかなか良さげな手ぬぐい(写真)を買っておいた。

非礼を詫びるということで手ぬぐいを一枚贈るってのも、ありだと思います。

これは広げると素晴らしく感動的な一枚で、きっと気に入ってもらえる筈だ。

これにまあなんか一筆書いたのを付けて送ろう。

漢字で「風林火山」とか「小野妹子」とか「本格焼酎」とか「株価暴落」とか「肛門裂傷」とか「閻魔大王」とか適当に書いて送ったらどうかな。

国際郵便ってどうすればいいんだっけ。

調べてみよう。

関係ないけど、うちの支部に外人さんが入会したらしく、手紙とメールをもらった。

日本語ペラペラで、翻訳やら英語教師やらをやっているらしい。

そのうち探鳥会へ行きます、ということだったので、こりゃ絶対確保だな。

英語を教えてもらおう。

もちろんタダで。
関連記事
[ 2008/11/28 21:03 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

いつもの 

20081128131627
仕事上がりにいつものところでいつものものを。

沢山の作家さんたちの素晴らしい作品に囲まれて、感性が心地良く刺激されます。

手ぬぐいもまたちょっと買ってかえろ。
関連記事
[ 2008/11/28 13:16 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

なにが見えますか 

20081127182514
笹の他に熊がいるのが分かりますか。

北海道小紋手ぬぐいです。

これもなかなかいいでしょ。
関連記事
[ 2008/11/27 18:25 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

意外にいい 

20081127181822
八ヶ岳倶楽部で見つけて思わず買ってしまった野鳥の会オリジナル手袋です。

まあぶっちゃけ軍手です。

でもなかなかこれが使えます。

滑り止めがなかなか秀逸なので、手袋をしたままでも普通にペンで字が書けます。

これは売れる。

早速うちの販売事業部長殿に仕入れておくようにお願いしておきました。

皆さんも買って下さい。

色は他に明るめのカモフラもあります。
関連記事
[ 2008/11/27 18:18 ] モノログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の手ぬぐい 

20081126200850
昨日ほどではないものの、今朝も冷え込みました。

天気が良く、日中は暖かくなりましたが、さすがに一日中現場にいるとなると、もうフル装備でないと凍えますね。

汗もあまりかかないので手ぬぐいの出番は減るんですが、まあ首に巻いたりするほか、必ずバッグに一枚二枚忍ばせております。

さて今日の手ぬぐいは知床のご当地モノです。

以前、ウトロに行った際に道の駅で買いました。

プリントものなんですが、デザインはなかなか雰囲気があって良いなあと思います。

同じ系統のものが三種類あったので、そのうち揃えたいと思います。

基本的に裏までしっかり染まった注染モノが好きですが、出張や旅の時にはプリントものも必ず一枚は持参します。

注染などの染めものはお風呂で体を洗うためにお湯に浸けたり石鹸を付けたりすると色落ちするので、なかなか恥ずかしいのです。

マナーとしてもやっぱりちょっとね。

軽微なら良いのですが、新しいものだと色落ちも激しいのでやっぱり躊躇われます。

なのでワタクシのお風呂の友は、プリントか、白が基調の染めもの手ぬぐいなのです。
関連記事
[ 2008/11/26 20:08 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の手ぬぐい 

20081125185829
かっこいいねえ。

唐草ですよ。

菊唐草です。

京都の「京のてんてん」さんで買いました。

てんてんさんのは布がふんわりと柔らかくて気持ちがいいです。

これから使い込んでいくのが楽しみ。
関連記事
[ 2008/11/25 18:58 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)

いやはや 

20081125060807
シバレております。

内陸では-20℃に達したところもあるそうで。

現場も真冬日だべな。

行って来ます。
関連記事
[ 2008/11/25 06:08 ] いろいログ | トラックバック(-) | コメント(-)

赤い彗星・ジャガ 

20081124233207
ワタクシは結構赤い色が好きで、意外に赤い服なんかも多いのです。

支部ジャンパーもワタクシ専用の赤バージョンを作りたいなあと思っているくらいなのです。

赤い手ぬぐいにも惹かれるわけですね。

これは北海道小紋のジャガイモ・赤バージョンであります。

なんか好きですね、北海道小紋シリーズ。

応援したいです。

ワタクシは道産子なので、基本的に北海道のものや道内企業を応援しています。

コンビニはセイコーマートだし、薬ならツルハです。サツドラは道内企業としての純粋性に欠けると思っているので滅多に行きません。

もちろん、ホームセンターはホーマックですが、地味にオホーツクの雄たる坂本ホーマも応援しています。

ホーマックはどこの店も基本的に品揃えが同じで特色があまり感じられないので、最近はつまらなくなってきました。

そんなこんなでおやすみなさい。

明日は早起きして峠を越えます。

久しぶりの冬道ですが、不安はまったくありません。

ロングドライブが多い人はミシュランにしましょう。
関連記事
[ 2008/11/24 23:32 ] 手ぬぐい・着物ログ | トラックバック(-) | コメント(-)