ニワのムシ 

昨日、草刈り作業の合間に撮影した庭のムシたち。クモ含む。


150817_063 - コピー_1308
ナナホシテントウ。
うちの庭のテントウムシではもっとも普通です。
というか、他のテントウムシはあんまり見かけません。
ヨモギとかエゾニワトコとかにアブラムシはいっぱいくっついているんだけどね。


150817_081 - コピー_1309
ヒラタアブの一種を捕らえたシロズヒメムシヒキ。
うちの庭はとにかくムシが多いので、ムシを食うムシも多いです。
ムシヒキアブ類ではシオヤアブやオオイシアブなども見かけます。


150817_125 - コピー_1307
ハラビロマキバサシガメ。
これもムシを食うムシですね。
庭では初めて見ました。
ヨモギの枯れ茎に止まっていると案外目立たないです。



150817_041 - コピー_1310
ホソヒラタアブ?を捕らえたハナグモ。
ハナグモ類はいろいろな花の中に普通にいます。
模様の個体差が著しくて同定に迷うことも多いですが、これはハナグモで良いのではないかと。
ちなみにこの花はシロバナハマナス(Rosa rugosa f. alba)。


150817_029 - コピー_1311
家の周りにいっぱいいるオニグモ。
軒先に大きな網をかけていろんなムシを捕食しています。
アブ類など人を刺すムシもかなり捕ってくれているようです。
ワタクシは生まれつきクモが苦手で、オニグモなんて昔は遠目に見るのもダメだったけれど、今は不意を突かれなければ接触も可となりました。
最近はむしろクモが好きになりつつあります。


スポンサーサイト
[ 2015/08/18 10:27 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の庭 

150324_210 - コピー_1045
アトリ Fringilla montifringilla 


このところ暖かい日が続いて雪解けがかなり進んでいたのですが、今日は久々に雪となりました。
といっても気温は0℃前後と比較的高めなので、水分をたっぷり含んだ雪でした。


朝のうちは降ってはすぐに融けていたのですが、昼過ぎには積もるようになってきました。


雪が積もると、地面で草の種などをがさごそ探してプチプチ食べる連中にとっては餌場がなくなってしまい、大変困ったことになります。


このところずっとアトリの群れが庭を賑わしていましたが、今日は一層すごい数となりました。


150324_052 - コピー_1042 アトリ Fringilla montifringilla


その辺の道路際などで餌場を探して右往左往していると車にはねられてしまうので(ワタクシも実は今日網走に行く途中でマヒワをはねてしまいました・・・)、「この辺にいる奴らは全部うちの庭に来い!」と餌をたくさん出したところ、アトリ以外にもいっぱい集まってきました。


150324_073 - コピー_1043
ムクドリ Spodiopsar cineraceus


ムクドリが来てギュールギュールと鳴いて騒いでいました。


150324_092 - コピー_1044
ヒヨドリ Hypsipetes amaurotis


その上にはヒヨがいて、何か言いたげにムクを見下しておりました。


150324_096 - コピー_1037

150324_101 - コピー_1040
シメ Coccothraustes coccothraustes


そんなことは気にせずにシメ様はひたすらヒマワリの種をバキバキ食いまくっておりました。


そのほかに、スズメ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、アカゲラ、ツグミ、ハシボソガラスが来ておりました。


多分明日はさらに積もると思うので、もっとたくさんの鳥たちが避難してくると思います。普段よりも餌を多めにして迎えます。


写真はすべて少々トリミングしたあと大幅にリサイズしています。
D7200+300mmf4(旧)です。
窓ガラス越しのため、色が若干おかしかったりするのでコントラストを調整するなど、適当に処理しています。


JPEGならこれまでの「View NX2」で編集できることがわかりました。えがったえがった。これでとりあえず普通に使える。でも画像がこれまでよりもはるかにボリューム大なので、PCが結構必死こいてます。多分動画なんか撮ったらまともに編集できません。。。ハイパワーなデスクトップが必要かなあ・・・。


[ 2015/03/24 21:43 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

足環啄木鳥 

コピー - 141129_206_906

昨日(29日)、庭の餌台に来てヒマワリの種を食べていたアカゲラ。
リアルタイムでは気づかなかったけれど、写真を見ていたら、


「!」


足環がついているんだよね。


たくさん撮ったんだけど、どのカットをどう頑張っても番号は無理っぽい。残念。


写真を確認してみたら、同じ個体がどうやら24日にも来ていたみたい。だけどその時は足が写っていないので、その時点で足環付きかどうかはわからない。


このサイズのってさすがに番号キビシイよなあ。。。


まあとにかく元気な個体でした。またそのうち来るでしょう。




[ 2014/11/30 21:50 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

やまやまぐわぐわ 




庭にはヤマグワの木がなにげにいっぱいあります。


もちろん、ほとんどが貰ったりしたのを植えたものですが、知らぬ間に生えてきたものもあります。鳥が種を播いてくれたんだろうね。


ヤマグワは強健種なので移植には強いですが、雌雄があるので実を楽しみたいなら雌の木を植える必要があります。


我が家のヤマグワはなぜかほとんど雌です。なので実が生ります。


初めは赤く、熟すと黒くなります。甘くてウマいですが、熟す時期は忙しくてあちこち駆け回っている間にほぼすべてが鳥たちの胃袋に収まります。


でも、それが嬉しいのだよ。





[ 2014/07/05 23:03 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

のんびり休日 




今日は久々に完全オフでした。


はぜやさんの珈琲豆の買い置きがなかったのが残念でしたが、まあのんびりしました。


昼から庭に出てみたら、オニグルミの木に小さな実がなっていました。初めてです。


池に水を補充し、観葉植物や苗木に水をやったり、根元がグラグラしてたトウヒの木に支柱を添えたりしました。


夕方、ヨガをしました。筋肉が伸び、血液とリンパ液の流れが良くなりました。


あああああーすっきり。


さて、明日からまた頑張ろう。






[ 2014/07/05 18:54 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の庭 

131029_220_064.jpg


本日はすかーっと抜けるような青空で朝から気温が上昇。暑く感じるくらいでした。
昨日、今日と仕事がドタキャンになってぽっかり空いたオフ。進めておきたい仕事もいっぱいあるんだけど、こんなにいい天気、有効に使わないともったいない!と思い、今日は一日庭でうろうろすることにしました。


先日、交換後とりあえず車庫に仮置きしていたランクル用のタイヤを二階のデッキまで運び上げてから、外の窓拭きをしました。台風26号の時に飛んだ潮で真っ白くなっていたのですが、これですっかりすっきり。きれいにしておけば、鳥や獣を窓越しに撮影してもなんとかモノになります。


窓拭き後、巣箱の様子を見ようとうろうろしていたらキノコを発見してしまったので採りました。大きいものもあったけれど小さなものだけにして、丁寧にゴミを取りつつ採集し、そのまま笊に並べて干しました。保存食にします。

131029_116_069.jpg


ヒルメシ後、脚立をかついで庭を回り、巣箱を取り外してみました。
今、うちの庭には8個の巣箱があります。
うちの2つは車庫の壁に釘で打ち付けてあるので取り外すのが大変なのでとりあえず今日はパス。
他に玄関上のデッキに据え置いている陶器のものと、2階のデッキに括り付けている木製のものがありますが、これらはぶっちゃけ忘れてました。で、今日は他の4つの巣箱を取り外したわけであります。


4つのうちの2つはツマ殿が作った陶器の巣箱で、うちで一番大きなドロノキの幹に架けたドングリ型巣箱に巣材が入っていました。

131029_127_067.jpg

コケとシカの毛がぎっしり詰められていましたが、産座は作った様子がなく、多分何らかの理由で途中で営巣をやめたものと思われました。んー残念。でも陶器のもちゃんと使うことがある程度証明できたと思います。あ、巣材を入れたのはシジュウカラかと。

131029_135_068.jpg


もう一つの陶器の巣箱には何にも入っていませんでしたが、これは多分、架けた木が枯れたケヤマハンノキでかなりぐらぐら揺れるのが気に入ってもらえなかったのではと思います。別のところに架けてみます。


他の2つのうちの1つは丸瀬布の道の駅で買ってきた巣箱キットを組み立てたもので木製です。
設計がなんだかちょっとおかしく、耐久性がなさそうなうえ設置もしずらく、案の定、蓋が半分取れかかっていてさらに巣箱自体も傾いている始末でまるでダメ男でした。これは改修しないとダメっぽいです。


残る1つはプロテインの空き缶に出入り口の穴を空けて、表面にガムテを貼ってピカピカ光らないようにしたもの。ダイニングから見えるところに設置していたので何も使っていなかったことはわかっていたのですが、やはり空でした。残念。でもまだあきらめずに架けてみよう。


今日取り外した巣箱は近々架けなおしておこうと思います。今日は架ける時間がなかった。


なぜ巣箱を架けなおす時間がなくなったかと言うと、雪虫の写真を撮っていたからなのであります。
今日は庭にいっぱい雪虫が飛んでいたのですよ。ワタクシ、まだ雪虫の写真を撮ったことがなかったので一応撮っておこうと取り外した巣箱をそのままにしてカメラを片手にうろうろしていたのです。


雪虫にも何種類かいるそうですが、一般的なのはトドノネオオワタムシと言われていますね。これは秋にトドマツの根元から出て、ヤチダモの木に到達して世代交代したあと樹皮などに卵を産むとされています。なんだか生活史が複雑なので説明が適当ですが、ワタクシ正直よくわからんのです。


で、我が家にもヤチダモはあるのですが、今日のところはそっちには全然でむしろハシドイの方に群がっていましたね。ハシドイも使うんですなあ。
ハシドイはハシドイ属、ヤチダモはトネリコ属と属は違うものの、科はモクセイ科で一緒だから良いようですね。ライラック(ムラサキハシドイ)はどうなの?
まあいいや、とりあえず本日の雪虫です↓

コピー - 131029_146_065

コピー - 131029_162_066

まあこんな程度だけどいいのだ。一眼デジカメ(D5100)+40mmマクロです。
飛び立つ瞬間を撮りたかったけど、連射が遅いからダメだった。まあいいや。


そんなこんなで夕方になり、家に入ってPC仕事に精を出しましたとさ。
勉強会用のパワポはほぼ完成。あとはリハーサルをして、カンペを作っておけばOKです。要旨も作って送信しておきました。


明日~明後日は現場です。頑張ります。



[ 2013/10/29 23:06 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の庭 



いやー、yesterdayは充実した1日でした。
スロウのイベントは大賑わいでしたよ。
ワタクシたちはお昼過ぎに到着して、その時もかなり混み合っていましたが、開始直後は芋煮状態で動くに動けないほどだったそうです。


編集長のMさんや、社長兼カメラマンのTさんはじめ編集部の方々にご挨拶して(ご挨拶できなかった方、スミマセン!)、ちょっとだけですがお話しもできたので良かったです。


会場を何度もぐるぐるうろうろ回り、いろいろ買ったりしてお暇しました。買ったものはこれからぼちぼちご紹介していきます。


それにしてもこんなに集客力のある人気の雑誌に書かせて頂いているんだなあ…と、そのことにあらためて感謝感激アメアラレするとともに、責任の重さに背筋がピンと伸びるような感覚を覚えました。
今後もスロウな人々に楽しんで頂けるように、ワタクシ自身も楽しみながら頑張って書いていきたいと思います。
皆さん、応援のほど、よろしくお願い致します。
次はどの鳥について書こうかなあ…。


さて。


本日はインドアで支部報の原稿を作ったり、ちょこっとだけ仕事(パワポの手直し)をしたりしていました。


夕方、気分転換にカメラを片手に庭へ出てみました。


コピー - 131028_008_059
枯れたギボウシの葉はとてもきれいと思うのです。


コピー - 131028_015_060
まだ落ちずに残ったタラノキの葉が夕日に照らされていました。


コピー - 131028_019_062
木が朽ちていきます。終わりではなく、始まりです。


コピー - 131028_023_061
ヨモギの群落も静かに冬を向かえようとしています。


空気はキリッと、晩秋のそれとなりましたね。


よし、バリバリ仕事しよう。


いろいろやりたいことを少しずつ進めていこうと思います。





[ 2013/10/28 20:24 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のワタクシとクモとイモムシ 

今日はですね、朝、起きてすぐに二階のデッキに保管してあったタイヤを下してランクルに積み込んでおきました。ホイール組み換えのため、さすがに自分ではできないので、ディーラーに車を取りに来てもらうことにしたのです。


タイヤの裏にはクモの卵嚢がついていて、中や周りに黒っぽい粒々がたくさん見えました。そう、子蜘蛛です。
「蜘蛛の子を散らす」の「蜘蛛の子」ですね。


コピー - 131019_035_036


はっきり言って見た目キモイんですが、勇気を出してTG-2のスーパーマクロ機能で接写してみたら、なかなかめんこいのですよ、これが。


コピー - 131019_034_035


文一のクモ図鑑で調べてみたものの、残念ながら種名はよくわからず・・・。


その後、アサメシを食べ、洗濯物を干したりしてから、ツマ殿の軽のタイヤも下に降ろして交換しました。これはホイールがついているのでワタクシでもできます。途中、ジャッキのトラブルがあってちょっともたつきましたが、まあいつも通りちゃっちゃと終わらせました。


タイヤ交換の際に、なぜか4本のタイヤそれぞれに1匹ずつ、きれいなイモムシがくっついていました。


131019_038_040.jpg


種類がわからなかったのであとで調べたところ、「ポプラハバチ(Trichiocampus populi)」だということがわかりました。
我が家にはワタクシの趣味を反映して、「ヤマナラシ(ハコヤナギ)属Populus」に属する「ドロノキ(Populus suaveolens)」がたくさん植えてあり、車置き場の近くにもあります。
恐らく、そこに付いていたこのハバチが、先日の台風時の強風でパラパラと落ちてしまい、みんなそれぞれ一生懸命歩いてなんとか高みに登ってみたもののそれはタイヤだった・・・というストーリーを想像しました。


その後、事務所で昨日までの現場の写真整理などをしていたらディーラーの方が来られたのでランクルを預け、また珈琲を飲みながら内業を続けました。


ヒルメシ後、15分ほど昼寝をしてからまた内業をしていたら、止別のKさんが娘さんと一緒にキノコ採りにやってきました。たっぷりと採ってもらい、たっぷりと野菜を頂きました。いつもどうもありがとう。


えーと、そんなこんなな一日でした。ほかにもいろいろあったような気がするけれど、なんか忘れちゃったからいいや。思い出したら書きます。


明日は北見で探鳥会です。風呂入って寝よう。おやすみなさい。



[ 2013/10/19 23:38 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

ナツグミの種を播くの巻 






午後、帰宅してすぐにナツグミの種播きをしました。


先月…だったかな、出張先の事務所の前庭に植わっている株にたくさん実がついていたので少し貰って来たのです。


ワタクシはグミの実が好きなので、実を食べて種だけ出して…と思っていましたが、ジップロックに入れて冷蔵庫の野菜室に放り込んだままついつい忘れてしまい、カビちゃっていたのでした。


とりあえず実から種を取り出し、周りの果肉やぬるぬるをなるべく丁寧に取り除きます。


数えてみたら、35個ありました。もう一つあったのですが、デッキ脇の草むらに落ちてしまって行方不明になりました。勝手に発芽したら嬉しいんだけど。


魚を入れる発泡スチロールのトロ箱に土を入れ、水をたっぷり灌水して湿らせたあと、種を適当に播きます。


土は鹿沼土と腐葉土と籾殻燻炭を適当にブレンドしたものですが、鹿沼が無ければ別になんでもいいです。
ただ、腐葉土と籾殻燻炭は入れた方がいいと思います。炭は根っこの生育を良くします。腐葉土は発芽後の栄養になります。多めに入れるくらいの方がいいです。
ワタクシはいつも適当ですが、感覚的には鹿沼5:腐葉土4:燻炭3くらいな感じです。あれ?足して10にならないけど別にいいんだよね、こういうのって。


種を播いたら、上から砂利を敷き詰めます。これがキモです。
トロ箱はこのまま屋外に放置しますが、上に砂利のような重いものでしっかりマルチングしておかないと、風で表土が飛ばされ、種が乾燥枯死します。あるいは種も吹っ飛ばされたり。
農家さんのようにハウスやD型倉庫の中で管理できれば腐葉土マルチが理想的なんですが、我が家のようにその辺に置いとく感じだと砂利マルチがベストです。


あとですね、風以外に霜柱でも種が土から持ち上げられちゃうので注意ですよ。
いずれにしても砂利でマルチしておけば安心です。


発芽時の力はスゴイので、砂利を持ち上げて出てくるので、その辺は心配いりません。発芽後の管理上もまったく問題なしです。ワタクシはトロ箱からポットに移植する際も砂利でマルチングしますが、植え付けまで何年もそのままでOKです。


一応プレートに今日の日付と種名を書いて終了です。


あとは果報は寝て待て…ということで昼寝したら、ついつい爆睡して夕方になっちゃいました。





[ 2013/09/01 17:53 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)

アロニアの季節 




アロニアは今年も豊作です。このひとはなんだか毎年豊作です。


今年はあんまり虫食ってないかも。


だとしたら嬉しいなあ。


いっぱいジャム作ろう。




[ 2013/08/31 13:23 ] ガーデンログ | トラックバック(-) | コメント(-)